探偵ポータル > 芸能人の不倫大全 > 福井照と美人官僚の岡垣さとみが不倫?豪華客船で密会の全容

福井照と美人官僚の岡垣さとみが不倫?豪華客船で密会の全容

最終更新日:

政治家が重要なポストに就く前に、恋愛沙汰で問題がないか、身辺調査をされることは有名な話です。いくら有能な人でも、女性問題・男性問題が世間から避難されるようなレベルでごたついていると、重要なポストは任せにくい、という現状があります。そういった意味で、「絶対に大臣になれない男」だと言われていたのが、政治家の福井照さんでした。

今回は、たびたび女性問題が噂される福井照さんのスキャンダルについてまとめてみました。

福井照ってどんな人? エリートコースを突き進んできたけれど、不祥事も多い?

福井照

福井照さんは1953年生まれ、2019年現在65歳の政治家です。生まれは大阪で、進学校で有名な灘高校に進んだのち、東京大学工学部に進学し、卒業後は、建設省(現在の国土交通省)に入省するという、絵に描いたようなエリートコースを突っ走ってきました。

2000年には、自由民主党公認で出馬し、初当選。2017年には領土問題担当大臣に任命され、初入閣を果たしますが、翌年2018年10月には、大臣を退任しており、大臣生命はかなり短かったと言えます。

福井照さんは、政治家として長年活躍されていますが、その政治家人生は順風満帆とは言い難いものでした。というのも、福井照さんは、再三にわたって不祥事を起こしているのです。

不祥事デビューは2008年のこと。実現性のない事業計画を提示して出資金を集め、ふたりの出資者から損害賠償を請求する訴訟を起こされたのです。翌年2009年には、福井照さんが代表を務める政治団体が、在日韓国人男性が経営する企業から、750万円にものぼる献金を受けていたことが発覚し避難の対象となりました。さらに、2018年には、重要な会見中に、しこたん島のことをしゃこたん島と言い間違えるなどして、無知ぶりを世間にさらし、世間から呆れられる、といった不祥事も起こしてしまっています。

福井照さんが政治家としていまいちぱっとしないのは、こういった不祥事を積み重ねてきたことに加えて、女性関係に問題があるからだ、と噂されることもあります。


福井照の不倫の内容とは? 不倫はどうやってバレた? 不倫相手の美人官僚って誰?

福井照さんのスキャンダルでもっとも世間の話題となったのは、2018年に発覚した、美人外務省官僚とのダブル不倫クルーズでしょう。

福井照さんが、同じく既婚者である美人官僚と不倫関係にある、とすっぱ抜いたのは、週刊誌『週刊文春』でした。

この美人官僚は、外務省勤務の岡垣さとみさんだと言われています。岡垣さとみさんはお茶の水女子大学を卒業後、1992年に外務省に入省。ニューヨーク国連代表部や在カナダ日本大使館などで手腕をふるい、2016年には伊勢志摩サミットに関わる重要な任務に抜擢されているエリート官僚です。近年は、外務省の講師として、外交官の仕事を高校生に説明する、などの広報活動も行なっています。美しくて仕事ができる岡垣さとみさんは、高校生たちの憧れの視線を受けていたことでしょう。

『週刊文春』によると、2018年12月22日、福井照さんと岡垣さとみさんは広島県尾道市のベラビスタマリーナにあらわれ、マリーナに停泊する船、ガンツウに乗り込んだと言います。ガンツウは豪華客船で、瀬戸内海周遊で二泊三日を旅する料金は最低料金でもひとり50万円は下らないといいます。

福井照の不倫

『週刊文春』によると、福井照さんと岡垣さとみさんはふたりで楽しげにこの船に乗り込んだというのです。24日には、港に降り立つと、ふたりはハイヤーで福山市へいき、腕を組みながら散策を始めたそうですが、『週刊文春』の記者がふたりに声をかけると、福井照さんはさりげなく岡垣さとみさんの腕を振り払い、岡垣さとみさんを取り残して、赤信号を無視してすたすたと一人歩き去っていったといいます。

のちに、ふたりは土産屋で合流し、タクシーに乗り込んで去って行ったといいますが、不倫中の女性を守ろうともせず、ひとりだけで逃げ出した様子を激写されてしまったため、世間からバッシングを受けることになります。不倫をしているだけでもバッシング対象になるのに、妻にも不倫相手にも誠意を示さず、自分勝手に行動するさまは、政治家には女性問題は関係ない、手腕があればいい、と思っている人ですら呆れさせるのに十分な行動でした。

福井照が不倫をした理由とは? もともと女癖が悪くて有名だった?

ところで、なぜ福井照さんは不倫をしてしまったのでしょうか。その理由のひとつはただたんに福井照さんの女癖が昔から悪かったからだと言えるでしょう。

福井照さんの女性問題が取り上げられたのは、12月が初めてではありません。2018年2月にも、『週刊文春』が、福井照さんが愛人とのタイ旅行の代金96万円を出資金詐欺を行っていた人物に負担させていたことをすっぱぬいたばかりだったのです。当時、福井照さんは、反省しています、と述べていますが、今回の件で、反省は口だけであったことが明らかになりました。


福井照の政治活動への影響は? ダブル不倫発覚後も政治活動は続く

福井照さんは度重なる不祥事を起こしているわけですが、政治活動への影響はあったのでしょうか?

福井照さんの女癖の悪さは、政治家のなかでは有名でしたから、「絶対に大臣になれない男」だ、なんて噂されていたわけですが、結局は短い期間だとはいえ、福井照さんは大臣に就任しています。ただし、今回、これだけ大々的に不倫問題が取り上げられてしまったとなれば、またすぐに大臣というポストに復帰するのは難しいと言えるでしょう。

ですが、ダブル不倫発覚後も福井照さんは政治家として活動していますので、スキャンダルによるダメージはそこまで大きくないようにも見受けられます。公務員の場合、不倫がバレただけで左遷されたり、出世コースから外されたりすることはよくあるのですが、立場の強い政治家の場合はお咎めなし、という場合も多々あるようです。

そういった圧倒的強者の立場にいる福井照さんが、市民の声を切実に受け止めることのできる政治家として、日本国民のために働くことはできるのでしょうか? 今後どのようは政治活動を行うのか、福井照さんの活躍を見守っていきたいところです。