探偵ポータル > 浮気・不倫に関するコラム > 自分で浮気を調査できるアプリ4選!失敗しない活用方法も要チェック

自分で浮気を調査できるアプリ4選!失敗しない活用方法も要チェック

最終更新日:

スマホアプリで浮気調査をする女性

パートナーの浮気を調査できるアプリをご存じですか? 浮気調査といえば弁護士や探偵を思い浮かべる人が多いと思いますが、場合によってはパートナーのスマホにインストールしてあるアプリを使って調査できます。

今日は、自分で浮気を調査できるアプリを4つ紹介します。浮気調査に失敗しないアプリの活用方法も紹介しますので、浮気の証拠をつかみたい人は参考にしてみてください。

自分で浮気を調査できるアプリ4選

では早速、浮気調査に使えるアプリを紹介します。

アプリ1.Cerberus

1つ目のアプリは、「Cerberus(ケルベロス)」です。

もともと、このアプリは盗難防止用に作られたものでしたが、現在では浮気調査にも使えることで有名です。

ケルベロスのアプリを使うと、

  • GPS機能を使った位置情報の確認
  • 遠隔操作による写真や動画の撮影
  • 通話・SMSの履歴確認
  • 遠隔操作によるスマホ周辺音の録音
  • アプリアイコンを非表示

といったことができます。

ただ、ケルベロスはAndroid専用のアプリですのでiOSにはインストールできません。

また、パートナーに内緒でパートナーのスマホにアプリをインストールすると、たとえそれが浮気調査のためだとしても「不正指令電磁的記録供用罪」に問われる可能性がありますので注意してください(※1)。

アプリ2.mSpy

続いて紹介するアプリは、「mSpy」です。

もともと、このアプリは子どものスマホ生活を見守るために作られました。ところが、機能の内容が浮気調査にピッタリということで、浮気調査アプリとしても有名です。

mSpyを使えば、

  • 現在地(GPS機能)
  • LINEのトーク履歴・相手の名前・連絡先など
  • SMS・SNSの履歴
  • ネット検索履歴・ブックマークなど
  • 通話の履歴・回数・位置情報など
  • カレンダー
  • 写真・動画ファイル

といったことを確認できるだけでなく、特定の相手からの着信も拒否させられます

mSpyはAndroidにもiOSにも対応していますが、有料のアプリです。

また、ケルベロス同様、パートナーのスマホに勝手にインストールすると罪に問われる可能性がありますので注意してください(※1)。

アプリ3.AirDroid

浮気しているパートナーのスマホで浮気調査

「AirDroid(エアードロイド)」も浮気調査に使えるアプリの1つです。

エアードロイドは、無料でスマホを遠隔操作できるアプリとして作られました。

このアプリを使えば、

  • 現在地の確認(GPS)
  • ファイルの転送
  • 基本設定の変更
  • スクリーンショット・写真撮影

などができます。

エアードロイドはAndroidにもiOSにも対応していますが、iOS版では日本語に対応していないようです。公式サイトにも英語の表記が多いため、全ての機能を完璧に使いこなすのは少し難しいかもしれません。

また、ほかのアプリ同様、パートナーのスマホに勝手にインストールすると罪に問われる可能性がありますので注意してください(※1)

アプリ4.Pushbullet

4つ目のアプリは、「Pushbullet(プッシュバレット)」です。

もともと、プッシュバレットは異なる端末同士でデータを共有するために作られました。ですが、その機能は浮気調査にも使えます。

浮気調査に使える機能とは、スマホのポップアップ通知をパソコンに表示させたり、LINEやSMSの内容を確認できたりする機能のことです。ポップアップ通知は後でまとめて確認できるため、リアルタイムで確認する必要はありません。

プッシュバレットはAndroidにもiOSにも対応していますが、iOS版は日本語に対応していないようです。

また、ほかのアプリ同様、パートナーのスマホに勝手にインストールすると罪に問われる可能性がありますので注意してください(※1)

浮気調査に失敗しないためのポイント2選

最後に、浮気調査をするうえで知っておくべきポイントを2つお伝えします。

ここまででお伝えしたように、アプリをパートナーのスマホにインストールすれば浮気調査は可能です。

ただし、浮気の証拠をつかむためには知っておいた方が良い知識もありますので、アプリを使う前に頭へ入れておきましょう。

1.証拠をそろえるまでは疑っていることを隠すべし

アプリでの浮気調査を上手に隠す妻

浮気調査に大切なのは、証拠をそろえるまでは浮気を疑っていることをパートナーに知られないようにすることです。

あなたが疑っていることをパートナーに知られてしまうと、浮気の証拠を消されたり、反対に疑っていることを責められたりする可能性があります。「浮気をしているかも」という予想が外れた場合、疑っていることを知られたせいで反対に夫婦仲が悪くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

アプリによっては使用中にアプリの画面がスマホに表示されるタイプや、アイコンを非表示にできないタイプもあります。思わぬミスで疑っていることをパートナーに知られないよう、十分に注意しましょう。

2.アプリの証拠は法廷で使えない可能性がある

2つ目のポイントは、違法に収集した浮気の証拠は法廷で使えない可能性があることです。

法に触れる方法で証拠を収集すると、あなたが逆に逮捕されてしまう可能性もあります。そのため、収集方法には十分に注意しなければいけません。

2018年には、元交際相手のスマホに位置情報を共有できるアプリを無断でインストールした男性が、不正指令電磁的記録供用罪ストーカー規制法違反の疑いで実際に逮捕されています(※2)。

この男性はアプリをインストールしただけでなく、実際につきまとったり脅したりしていたそうですので、浮気調査としてアプリをインストールしただけの場合とはまた違うケースです。とはいえ、たとえ浮気調査だとしても、違法だと知りながら勝手にアプリをインストールする行為はオススメできません

もし浮気の証拠を法廷に提出する予定があるなら、専門家のアドバイスを聞いてから判断しましょう。

まとめ:浮気の証拠は多ければ多いほど有力

自分で浮気調査をする場合、スマホのアプリでつかんだ証拠だけで十分とはいえません。配偶者の不貞行為を理由に離婚したい場合は特に、スマホのアプリで得た証拠を元にさらに有力な証拠を探す方法がオススメです。

パートナーに無断でアプリをインストールするのは大変に危険な行為ですので、まずは浮気の事例に詳しい専門家へ相談してみてはいかがでしょうか。