探偵に対するイメージと現実の調査のギャップが招いたトラブルのケース

トラブルの概要

旦那さんが職場の女性と不倫関係にあるため、奥様が探偵事務所に浮気調査を依頼しました。旦那さんはかなり警戒心が強く、職場以外で女性と会っているような素振りは見せないようでした。

無料相談の段階では、旦那さんと浮気相手に対する情報が何もなく、会社の中で仲むつまじい様子、というだけ。奥様は相談の際も「とにかく調べてほしい!」というのみで、具体的な相談もしないまま席を立ちました。

旦那さんの警戒心がかなり強く、情報も極端に少ない中では成果が出しにくいと判断して、「不貞の証拠に直結するかわからない」ことを伝えた上で、奥様から行動調査のみの了解をもらいました。

それから数日が過ぎ、奥様から調査結果に対する催促の電話やメールが頻繁に来るようになりました。調査員は旦那さんに対する行動調査は実施したものの、浮気相手と会っている事実が確認できず、調査が難航している旨を伝えました。

すると奥様は怒りから調査員に対いて暴言を吐いたり、クレームをつけるようになりました。これに対して調査員は、情報不足や旦那さんの警戒心の強さから「現実的な調査は難しい」ことを伝えました。

トラブルの原因

このトラブルの原因は、依頼者の方が探偵に対して抱いているイメージのみで調査を依頼していることになります。調査員は「現実的な調査は地道で時間がかかることもあり、結果が出ない場合もある」ことを相談の段階で伝えた上で契約に合意してもらっています。

探偵はドラマや映画のイメージで、依頼すればハイテク機材を使って、会社の中に潜入して会話を記録したり映像をとったりと、スパイのようなことができると思っている依頼者の方もいます。

このイメージと現実の調査のギャップがクレームの原因となっているようです。

トラブルの対策

探偵事務所の調査員は、法律家や司法職員ではなく、一般私人が届出をして探偵業務を行っていると認識しましょう。

法律家や司法職員であれば、調査の必要性に応じて個人情報をとったり、社内に踏み込んで証拠資料を押収することもできます。しかし、探偵という職業はそういった権限が認められていないため、会社内に無断で潜入してハイテク機材を使って会話内容から映像からすべての情報をとるなどということはできません。

こうした「現実の調査」を理解した上で、調査員と相談して契約したほうがよいでしょう。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。