ピンポンダッシュを繰り返す犯人を探偵が調査

調査の概要

自宅のチャイムが鳴ったので、家人が出ても誰もいない、頻繁にイタズラ電話がかかってくるという迷惑行為が何度も続いている。誰かが依頼者の自宅を監視している可能性があるため、人物を特定して迷惑行為の証拠をおさえる。
依頼主の年齢:42歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:10日間
料金:18万円

相談内容

依頼者の女性が在宅中にチャイムが鳴ったので外に出てみると誰もいない、イタズラ電話が何度もかかってきている。夜になると、玄関の感知センサーが付いて誰かが通った形跡があるとのこと。

そういったことが頻繁に起こるようになり、日常的に不安を抱え始めたとのこと。隣り近所に聞いても、そういった事実はなく、様子がわからないため、調査をしてほしいという相談でした。1か月ほど前から事態が起こっているものの、思い当たるフシはない、家族にも訪ねたが、誰も迷惑を受けるようなことはしていないとのことでした。

調査内容

定期的に起こることではなく、日時を特定することは難しいために、一定期間、機材を設置して事実を確認します。特殊なカメラを使って、誰かが自宅の玄関を通過した時のみ撮影できるよう、各所に配置しました。

すると、調査開始から1週間が経過した時点で、自宅のチャイムが鳴って、女性が外に出ても誰もいないという事態が発生しました。連絡を受けた調査員はすぐに自宅に行き、周辺を検索してからカメラを確認。映像をみてみると、作業着を着た男性が車から降りてきて、チャイムを鳴らし、すぐにその場を立ち去っていく姿が確認されました。

依頼者の女性にこの事実を告げましたが、思い当たるフシはなく、あとで家族に聞いてみるということで、一旦は調査を終了。調査員のアドバスで、チャイムをカメラ付きのものに変えることを勧めました。

調査を終えての感想

依頼者の女性は、チャイムを変えてからイタズラはなくなったとのことでしたが、最後まで人物を特定することはできなかったようです。事件ではないため、証拠の映像をもってしても警察では対応してくれませんから、そのまま保管して今後の対応を考えるという結論に至ったようです。

こうした、事件ではないイタズラのようなことは調査案件として多く、ほとんどが家人が過去に関わった人物であることが多いのです。最近では、ブラック企業や悪徳企業の営業などが、場当たり的に訪問して、家人を特定するためにチャイムを鳴らしていくなどのケースがあります。やはり、自宅のセキュリティーは万全を期して、備えておく必要があるでしょう。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。