探偵ポータル > 芸能人の不倫大全 > 宮崎謙介元議員が不倫に至った経緯とその後の

宮崎謙介元議員が不倫に至った経緯とその後の

最終更新日:

ワンオペ育児などが問題視されることの多い日本ですが、なかなか状況は改善されていません。育児の負担は女性側に大きくのしかかっており、男性側はなかなか育児に参加できていません。

男性が育児を頑張れないのは、個人の問題、というわけではありません。日本の大抵の会社組織では、育休は女性ならとることはできても、男性はとることができないという雰囲気になっています。制度上はとることができたとしても、前例がなかったり、育休をとったら出世に影響が出ると考えたりする場合、気軽に男性が仕事を休んで育児を頑張るとこは難しいでしょう。

そういった状況にメスを入れるべく、声を挙げた議員がかつていました。その名は、宮崎謙介さん。妻も政治家であり、妻が妊娠したことをきっかけに、自ら進んで育休をとることを公表することで、日本の悪しき風習にメスを入れようとしたのです。

宮崎謙介さんが起こした行動に、期待を寄せた男女は少なくありませんでした。「これをきっかけに企業が男性にも育休をとりやすい制度を整えてくれるかもしれない」と期待をする人も多かったのです。

ですが、宮崎謙介さんに対するイメージは、「男女問わず育休をとりやすい社会に向けて頑張る男女平等意識の高い男性」から、「とかいいつつ不倫しているダメ男」にすぐに転落してしまうことになりました。

宮崎謙介ってどんな人? 妻の金子恵美さんってどんな人?

宮崎謙介さんは2019年現在38歳。総合商社勤めの父を持ち、幼少の頃はフィリピンで生活し、帰国後は早稲田に進学。その後日本生命保険、インテリジェンス、ドリコムを経て、政治家の加藤鮎子さんと結婚します。

加藤鮎子さんとは2009年に離婚をしてしまいますが、政治家の妻を持ったことで、自身も政治家への道を志すことになります。初当選は2012年。3年後には、同じく衆議院議員である金子恵美さんとの再婚を果たしています。

金子恵美さんといえば、同じく早稲田出身の才女で、かつ美人で知られた政治家です。政治活動をするなかで、宮崎謙介さんは金子恵美さんと出会い、2ヶ月目でプロポーズするなど、猛アピールの末、交際、結婚に至ったといいます。

宮崎謙介の不倫の内容とは? 宮崎謙介の不倫はどうやってバレた?

才女で美人の妻をゲットした宮崎謙介さんですが、育休宣言をした直後、週刊誌によって不倫がすっぱ抜かれてしまいます。

お相手は、タレントの宮沢磨由さんです。宮沢磨由さんは26歳のときミス湘南グランプリに選ばれ、27歳のときにミスダイバーコンテストで準ミスに選ばれるなど、美貌に恵まれた女性です。

宮崎謙介の不倫
出典:http://asyura.x0.to/imgup/d3/386.jpg

タレントの宮沢磨由さんと議員の宮崎謙介さん、一見、なんの接点もなさそうなふたりが出会ったのは、2016年に衆議院議員会館で行われた、和服の着付けイベントでのことでした。宮崎謙介さんの着付けを担当したのが、宮沢磨由さんだったというのです。

着付けイベント終了後、宮崎謙介さんは、宮沢磨由さんを議員会館の中を案内するなどして打ち解け、のちに、フェイスブック経由で宮沢磨由さんから宮崎謙介さんに友達申請したことをきっかけに、ふたりは連絡を取るようになります。

その後LINEを交換し、やりとりが始まると、宮沢磨由さんに対する宮崎謙介さんのアプローチは激化し、1日に400件もLINEがくるほどだったと言います。宮沢磨由さんは宮崎謙介さんが結婚していることは認識していましたが、熱心なアプローチに負け、不倫関係をスタートしてしまうことになったと言います。

不倫の恋を楽しんでいたふたりですが、不倫関係が週刊誌にすっぱ抜かれたことで、関係はあっさり終わってしまいます。

宮崎謙介が不倫をした理由とは?

宮崎謙介さんは不倫の事実を認め、不倫をした理由を、計画的なものではなく、様々なプレッシャーから逃げるためにしてしまった、と告白しています。

また、不倫をしていたのが、妻の妊娠中だったということもあり、不倫がバレた後に妻と生まれてきた息子に対して、大きな罪悪感を抱いた、とも証言しています。

宮崎謙介の政治活動・芸能活動への影響は? 実業家として成功できる?

育休議員の不倫が大々的に報じられ、宮崎謙介さんは議員を辞職することを余儀なくされてしまいます。金子恵美さんから三行半をつきつけられてしまうのでは? と世間は予測していましたが、予測に反して離婚せず、ふたりはまだ夫婦関係を継続しています。

2018年には、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に夫婦で出演し、不倫騒動時にどういったことがあったのか、を告白しているのですが、それが元で再び宮崎謙介さんに対するバッシングが始まっています。

宮崎謙介さんは、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』で自殺未遂をしていたことを明かしたのです。自律神経を壊して、顔半分が動かなくなってしまい、議員宿舎の5階から飛び降りようとして止められた、との告白をしたのですが、この告白が本当なのか? 同情を買おうとしているだけではないのか? という厳しい声が世間から再び持ち上がったのです。

こういった告白をするのは、世間のイメージアップのため、また高額なマンションのローン返済のためだと考えられており、到底本当の反省の気持ちからではない、と考えられています。

ここまでイメージが悪くなってしまった宮崎謙介さんが、再び議員に立候補し当選することは難しいでしょう。現在の収入源のメインは妻の金子恵美さんの収入だと考えられます。

宮崎謙介さんは、完全に政治活動から足を洗い、現在は、新会社を設立して実業家としての人生をあゆみ始めているようです。

また、不倫騒動で認知度がアップしたために、ときどき芸能活動もこなしています。不倫騒動によって、宮崎謙介さんのキャリアが大きく変化してしまったことは確かでしょう。

ただ、妊娠中の不倫がバレたにも関わらず妻から見捨てられず婚姻を継続できているのは不幸中の幸いだと考えられます。

今後、再び宮崎謙介さんが不倫をするようなことがあれば、確実に金子恵美さんから見捨てられるでしょうから、不倫に手を染めることはないでしょう。宮崎謙介さんの新しい事業についての詳しい内容は伝わってきていませんが、教育関連の事業だということで、これまでのキャリアとは少し違った路線のようです。

宮崎謙介さんは今後、実業家として成功し、政治家をやめてむしろ良かったと思う日が来るのでしょうか? 不倫によって行わざるを得なかった職業変更・職業選択が、凶と出るか吉と出るかは未だ不透明です。