パブの女性に貢ぎ続けた男性の素行調査

調査の概要

旦那さんの仕事の帰りが遅く、お金の使い方が異常に荒い。奥様は離婚を考えているため、旦那さんの素行を調査して浮気の実態や浪費の原因を調べる。
依頼主の年齢:51歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:7日間
料金:58万円

相談内容

すでに離婚を考えている奥様からの相談で、旦那さんの浪費が激しいため、その原因を調べてほしいとのこと。浪費についてはかなり家計を圧迫している状態。何か物を買ってくるわけではないのに、口座から数十万円のお金が一度になくなっていた。

奥様はこの件については旦那さんを問い詰めたものの、「自分で事業を起こそうとして使った経費」とのこと。しかし、旦那さんは仕事の帰りが遅く、明らかに飲んで帰ってくる様子がわかっていたとのこと。

奥様はこういったことが1年以上続いていたため、他に女性がいて浮気相手のために使っていたのではないかと推測していました。旦那さんの浮気(配偶者の不貞行為)、浪費による家計の圧迫(婚姻を継続しがたい重大な事由)を理由に、奥様はどちらをとっても離婚する意思を固めていました。

調査内容

旦那さんの素行調査を実施したところ、7日間のうち2日間がパブで飲んでいることがわかりました。店内での調査でも、特定の女性スタッフ(外国籍)に熱をあげ、高額なお金を貢いでいることが判明。関係者などに対して聞き込み調査をすると、女性スタッフの両親に車1台をプレゼントしていたようです。

旦那さんはその女性スタッフにかなり惚れこんでいたようで、お金と時間をかけて口説いていたようですが、女性と関係を持つまでには至らなかったようです。旦那さんに対する素行調査の結果をデータとして奥様に渡したところ、調査結果に納得していただけました。

調査を終えての感想

奥様はすでに離婚の準備を整えていたため、財産分与の金額、親権、生活費、養育費などを決め、旦那さんに対して協議離婚に合意するよう、書類を準備していました。旦那さんは分与額などに納得できなかったようで、結果として調停にもつれましたが、奥様の要求が9割がた通って離婚が成立したとのこと。

他の女性に対して貢いでいたお金は本来、家庭に向けるべきだったこと、夫婦としての金銭感覚の大きなズレなどが、調停委員の判断に大きく影響したようです。

こうした浮気調査のパターンはかなり多く、夜の世界の女性に熱を上げて惚れこんでしまったことで、離婚に至るようです。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。