実はお互いが不倫をしていた

不倫の体験談

親戚が不倫をしていたのですが、まさかこんなことがということが起きてしまいました。その親戚というのは、女性です。年はそこそこいっているのですが、年の割には綺麗で、無理をしているような感じもありません。

昔はモテたのと言われても、納得してしまうようなかんじです。とは言っても嫌らしいかんじはしないというか、清楚な雰囲気です。

ではその親戚が何故不倫に走ってしまったのかというと、本人曰く、寂しくて仕方なかったのだそうです。

もちろん、だからといって、同情するつもりはありません。寂しいから不倫に走ってもいいなんてことになったら、もう訳が分からなくなってしまいます。ただ、事情を考えると、寂しくなったことに関しては可哀想だなと思ってしまいます。不倫をしなければ同情は出来たと思ってしまうのです。

何故寂しかったのかというと、旦那さんが家にいないからです。別居しているとか単身赴任とか、そういうことではありません。仕事がとても忙しいのです。

ただ、それは昔からなので対して気にしていないと言っていました。問題は、休日です。本当は親戚は、休日くらいは一緒に過ごしたかったのに、旦那さんはいつも同僚とどこかに出かけてしまっていたらしいのです。

たまにならまだしも毎週ということで、さすがに寂しくなり、不倫に走ってしまったとのことです。

ですが、不倫をするようになってからは罪悪感からなのか、旦那さんの行動は許すようになったみたいです。許すも何も自分は不倫をしているんだからと思ったのですが、そこは言わないでおきました。

それ以降、毎週不倫相手と会うようになり、結構幸せな日々を過ごしていたみたいです。ただ、旦那さんと別れる気は一切なく、あくまで毎週会うデート相手みたいなかんじだったそうです。

事態が動いたのは、不倫を始めて数ヶ月経った頃です。いつものように不倫相手とデートをしていたら、なんと前方に旦那さんらしき人がいたというのです。かなりの人ごみの中だったらしいのですが、そこは長年連れ添った人です、意外と見つけやすかったのかもしれません。

どうしようかと思ったらしいのですが、不倫相手に素直に言って、尾行したそうです。そのとき親戚は、一体どんな同僚と会うんだろうと思っていたらしいです。

ですが尾行して数分、なんと旦那さんが会ったのは若い女性だったというではありませんか。後で問い詰めたらしいのですが、その人は取引先の人で、かなり若い女性だったというのです。なんと、旦那さんのほうも不倫をしていたというのです。

毎週旦那さんがいないというのは、不倫相手に会っていたからだったのです。それを聞いた親戚は、複雑だったと言います。自分も今現在不倫をしているわけだから文句を言えた立場ではないけれど、旦那の不倫に悩まされて自分も不倫をしていたなんてと、結構ショックだったみたいです。

そこでどうしたかというと、両方とも不倫相手と別れたらしいです。それからはしっかり夫婦二人で話し合い、お酒も酌み交わし、一緒に旅行に行ったそうです。そうしたら案外と楽しく、旦那さんが、なんで不倫なんてしたんだろうなと言ったらしいです。

そして親戚のほうも、なんでもっと話そうとしなかったんだろうと思ったと言います。必要だったのは、話すことだったのかもしれません。

それにしても、二人ともお互いの不倫に気づかなかったというのは、不謹慎かもしれませんが面白いなと思ってしまいました。

結果仲良くなったから良かったものの、場合によっては泥沼になっていたのだろうかと思うとゾッとするところでもあります。

ちなみに、今では笑い話になっています。

笑い話で済ませていいのかは分かりませんが。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。