悪質な探偵の被害にあわないために必要なこと

浮気調査を探偵に依頼する人は、はっきり言って精神的に追い詰められている人でしょう。中には高額な慰謝料をとってやると前向きな人もいるかもしれませんが、多くの人は精神的に傷ついています。

人間、嫌なことがあった時には次はいいことがあるはずだと思いたくなるものですが、現実は甘くはありません。詐欺業者や悪質業者というのは、弱っている人間のほうが騙しやすいということを知っています。浮気をされて傷ついている時にそのような悪質探偵の被害にあってしまったら最悪ですね。この記事では悪質探偵を見抜くためのポイントを簡単にですが紹介したいと思います。

探偵事務所の調査員

探偵業法を守っている探偵であるか

平成19年に探偵業法が改正されました。それに伴い、探偵業を営むためには公安委員会への届け出が必須となっています。まずは、公安委員会へ届出をしている正規の探偵業者であることを確認しましょう。

ホームページ上に探偵業届出番号が記載されていることを確認することはもちろん、事務所を訪問したときに事務所の目立つ位置に「探偵業届出証明書」が置かれていることも確認しておきましょう。

届出がされていることは最低条件にすぎません。中には嘘の番号をホームページ上に記載したり、届出をしていると嘘をつく詐欺業者も存在しますので、この後に解説するポイントもしっかり見ておいてください。

料金が明確であるか

探偵事務所とのトラブルで最も多いのが料金に関するものです。依頼者が無知なことにつけこんで、相場とかけ離れた高額な料金を請求されるケースが代表的です。

浮気調査を探偵に依頼した場合にかかる費用は、およそ15万円~50万円と言われています。料金の内訳のうち、最も大きな割合を占めるのが人件費です。人件費の相場は、探偵一人あたり、一時間あたりで7千円~1万円程度です。

料金プランが時間料金制になっている場合には、相場と大きくかけ離れていないかをチェックしておきましょう。相場より高すぎる場合はもちろん、安すぎる場合にも調査能力に不安を感じるので避けたほうが無難でしょう。

パック料金制や後払い制(成功報酬制)の場合には、時間料金制で計算した金額と比較して、高すぎたりしないかなどを確認しておきましょう。

解約条件をしっかりと確認しておく

時間料金制にしてもパック料金制にしても、先にお金を支払う場合には、途中解約の条件をしっかりと確認しておくことが大切です。
通常、途中解約をした場合にはそれまでに調査した時間に応じて料金が返ってきます。もしもこのあたりの説明があいまいだったり、ごまかされたりした場合には注意しておきましょう。悪質業者の場合、多額の違約金を請求されるということもあります。

成功報酬制の場合、このような心配はありませんが、「成功」というキーワードにからくりがある場合があります。十分に調査をせず、浮気の事実がつかめなかったので「浮気の事実なし」として成功とされてしまうケースもあります。

複数の探偵事務所、興信所を比較

最後に、悪質探偵の被害に遭わないためのコツを紹介します。それは、複数の探偵事務所や興信所を比較するということです。詐欺業者に騙される人というのは、ほとんどのケースでよく比較をせずに契約をしてしまっています。

詐欺業者というのは、正規の業者に比べるとどうしても「ニセモノ」の雰囲気が漂っているものです。複数の探偵事務所に相談をしてみて、対応や料金説明の仕方など、様々なことを総合的に比べてみましょう。電話やメールだけですませず、実際に会って話を聞くということもとても大切です。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。