調査の前に浮気をどこまで特定するかを決めておくことが大事

20160416_015

浮気調査を探偵に依頼すると、探偵は依頼された内容だけを調査します。浮気の事実の有無を確かめるだけでいいと言ったのに、「サービスで浮気相手の家族構成や弱みまで探っておきました」などということは起こりません。依頼をする時に、どこまでの調査をしてほしいのかを決めておくことは重要です。

特定する内容で料金は大きく異なる

探偵に依頼すると、当然ですが料金がかかります。「配偶者が異性とデートしている写真を撮ってほしい、手をつないでいるシーンでもいいです。」という場合と、「裁判で勝てるような証拠を掴んでください。」という場合では、調査にかかる日数や時間に大きく差ができます。

探偵に依頼するときに支払う費用は、調査の日数と時間に比例するので、依頼する内容によって支払う金額に大きな差がでてきます。

あからじめどこまでを特定したいかを決めておき、最低限必要な証拠を掴んでもらうようにすると、無駄がありません。

1.浮気の証拠をつかみたい:8〜20万円程度

浮気の定義は個人の価値観によって大きく異なります。「異性とデートする」ということが浮気と感じる人もいますし、「異性とキス」をしていたということを聞いても「それは浮気ではないからOK」という人もいます。

浮気の証拠を掴んで相手に浮気をやめさせるように説得したいのであれば、パートナーを説得できるだけの証拠をつかめばよいということになります。「異性とデートをしている写真」、「キスをしている写真」、「異性の自宅に入っていく写真」などを撮影するだけならば、比較的短時間で調査が終わり、費用も少なくてすみます。

2.離婚を有利に進めたい:10〜30万円程度

離婚を有利に進めたい場合や慰謝料を請求したい場合、裁判で有効となる浮気の証拠は、「不貞行為」の証拠ということになります。すなわち、異性との性交渉の証拠を掴まなければなりません。それも一回や二回ではなく、複数回にわたって性交渉を行っていることを証明することが必要です。

相手も弁護士をつけてきた場合、言い訳ができないような確かな証拠でないと、くつがえされる可能性もあります。例えば「ラブホテルに2人で入っていく写真」でも、気分が悪くなって休憩していたなどと言い訳されて、不貞行為が認められなかったというケースもたくさんあります。

離婚を有利に進めたい、慰謝料を請求したいという場合には、裁判で勝てるような確実な証拠を掴んでもらう必要があります。その分費用も高額になることを覚悟しなければいけません。

3.浮気相手を特定したい:15〜50万円程度

離婚するなら必須!慰謝料について知っておきたい7つのこと」でも書いていますが、慰謝料は配偶者だけでなく、浮気相手にも請求することができます。

しかし、浮気相手に対しても慰謝料を請求する場合には、浮気相手を特定しなければいけません。裁判で浮気相手を訴えようにも、相手の住所氏名がわかっていなければ訴えようがないからです。

では、探偵会社に浮気相手の素性調査を依頼したとして、探偵会社は浮気相手の素性をどこまで特定できるかについてですが、氏名・住所・電話番号・職業・勤務先・家族構成・年齢・生年月日・学歴・職歴など、かなりつっこんだところまで調べてくれます。

また、相手の素性が分かっていると、事前に請求できる慰謝料の金額の目安をつけることができます。相手が会社員なのかフリーターなのか、ニートなのかによって、金額は大きく変わりますからね。

ただ、浮気相手の素性を調査すると、それなりの日数が必要になるので、その分だけ料金は上がります。もちろんケースバイケースなので、意外に安くすむ場合もありますが、比較的高額になります。

まとめ

以上のように、浮気調査と一口に言っても、どこまで調べたいのかによって料金が大きく異なってくることがお分かりいただけたかと思います。

事前にどこまで特定したいのかを決めておけば、無駄な調査をする必要がなくなるので、その分だけ料金は節約することができます。

探偵会社は依頼された調査以外はしてくれないですので、細かく調べて欲しい時は事前にきちんと伝えるようにしましょう。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。