浮気調査の結果がシロということはある!

シロ

浮気調査は必ず成功するというわけではありませんが、失敗したわけではないのに予想と違う結果になることがあります。それは、浮気調査の結果がシロだったというケースです。

浮気調査をしてもシロになるケースがある

浮気調査を依頼する人の中には、「確実な証拠があるわけではないけど、パートナーが浮気をしているという確信がある」という人がいると思います。こういった確実な証拠がないケースでは、浮気調査をしてもシロになることもあります。

  • 浮気相手ではなく単なる仲のいい友人であることが明らかになった
  • キャバ嬢に入れ込んではいたものの浮気というほどではなかった
  • 会社の同僚に過ぎず、たまに相談をされて一緒に飲みに行った程度だった

などのように浮気だと疑っていたものの、実際に調査をしてみたら、浮気だという証拠は得られず、むしろ浮気ではないという証拠の方が多く出てくるケースがあるのです。

浮気調査がシロでも料金は必要

請求されたお金

浮気調査の料金は調査に対して発生するものなので、クロだったかシロだったかということは料金には関係がありません。シロでもクロでも料金は必要になります。

これはある大手探偵会社の料金の内訳です。

調査費用…80,000円
基本料金…30,000円
機材料金…5,000円
車両料金…10,000円
ガソリン…3,000円
報告書作成量…30,000円

合計15万8000円

これを見るとわかるとおり、調査費用や機材料金、車両料金などのように、調査の内容に応じて料金が発生していることがわかるかと思います。

シロだったら料金は要りません何ていう探偵会社はないので、シロだろうがクロだろうが料金がかかるというのはどこも同じことです。

調査がシロだと分かっただけでも価値がある

20160416_131

浮気調査の結果がシロだったら、普通に考えればパートナーが裏切っていなかったわけですから、喜ばしいことなのですが、慰謝料を当てにして調査を依頼していた場合には、得るものがないばかりか、調査を依頼したお金がもったいなかったという気持ちになってしまうことだと思います。

その気持ちはわからなくはないのですが、調査の結果、パートナーが浮気をしていないことが分かったのであれば、それだけでも価値はあります。

もし、調査をしていなけば、ずっと浮気をしていると疑い続けなければいけないですし、疑う方も疑われる方もどちらも幸せな状態ではありません。

浮気調査をした時に一番喜ばしい結果は「シロ」です。慰謝料という一時収入が得られなくとも、一緒に生活することで生涯年収で見た時にはその方が確実に得をします。素直に喜ぶのが一番良いでしょう。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。