探偵の浮気調査は違法ではない?違法と合法の境界線

違法か合法か

探偵に浮気調査を依頼するときに気になることの1つが、「探偵の調査が違法ではない?」ということです。裁判では違法な行為で手に入れた証拠は証拠として使えません。それどころか、逆に被害者であったはずが加害者になってしまっているということもあります。そのため、依頼をした探偵が合法的な手段で証拠を入手してくれるということはとても重要なことです。この記事では、探偵の浮気調査の違法性について紹介したいと思います。

探偵に与えられている権限とは

探偵
公安委員会に届出をしている正規の探偵事務所なら、探偵業法で認められている3つの探偵業務として行うことができます。

  1. 他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として
  2. 面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い
  3. その調査の結果を当該依頼者に報告する

届出もなしに、上記のような探偵業務を行っている場合には違法とみなされ、逮捕される可能性があります。実際に逮捕されたケースは多数あります。

とはいっても、探偵は自由にだれかの素性を調査できるわけではありません。浮気調査では、依頼人から依頼を受けて、前もって警察に浮気調査を行うという届出をしている場合にのみ調査を行うことができます。

また、警察のように一般人とは違った特別な権限が与えられているわけではありません。拳銃などの武器を使用することはできませんし、企業や行政から自由に情報開示を請求できるわけでもありません。住居に忍び込んで監視カメラを仕掛けるとか、そういうこともできません。

届け出をすれば探偵業を営むことができるという程度で、調査でできることは一般人となにも変わらないとうことです。一般人がやって犯罪になることは、探偵がやっても犯罪になります。

違法と合法の境界線

探偵の仕事風景

尾行

尾行はターゲットを徒歩や車でつけまわす行為です。普通に考えればプライバシーの侵害になりそうです。

尾行の違法と合法の境界線ですが、「相手が不安に感じたりつけまわされていると感じる場合」には、違法となります。不安や恐怖を抱かせる尾行の仕方をすると、犯罪になってしまうということです。今のところ尾行自体を規制する法律はありませんので、気づかれないように後をつけるだけならば問題はありません。

浮気現場の撮影

証拠撮影については他に犯罪行為がなければ違法ではありません。撮影した写真を使って相手を脅迫したり、他人の土地に無断で侵入して撮影したりすれば、もちろん犯罪となりますが、ただ写真を撮影して、浮気の証拠として使用するだけならば問題ありません。

なお、「探偵が浮気調査で使う7つの道具」でも書いていますが、浮気現場を撮影するときには、状況に応じてカメラを使い分けます。相手に迷惑となるような撮影の仕方をするのは法に触れることがあるからです。

盗聴器の設置

自宅が浮気の現場となっていることがあります。その場合に盗聴器をしかけるという手段がよく使われますが、同居している依頼者の立会いのもとに盗聴器をしかけるのであれば、住居不法侵入は成立しないので問題はありません。

しかし、別居している場合や、浮気相手の自宅に盗聴器を仕掛けるとなると、住居不法侵入や、(盗聴器が電気を使うタイプのものなら)電力の窃盗罪も成立します。

まとめ

探偵の調査の違法性について見てきましたが、結構スレスレのことはやるものの、探偵の調査自体は違法ではありません。

まれに違法な調査をしている探偵会社がありますが、それは無許可の探偵会社や素人が個人的に営業している場合のことですので、経験と実績が豊富な信頼できる探偵に依頼をすれば、違法なことをされる心配はありません。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。