離婚後の氏や戸籍はどうするべきかを検証

離婚後の手続き

離婚する時は必ず問題になってくる氏と戸籍をどうするかという問題。自分だけならまだしも、子供がいる場合には事前によく検討しておくことが大切です。ここでは離婚後の氏と戸籍について知っておくべき法律の知識をご紹介します。

離婚後も婚姻中の氏を名乗るには

離婚をすると、妻は原則として結婚前の氏に戻ります。これを復氏といいます。

しかし、離婚日から3ヶ月以内に(あるいは離婚届と同時に)「離婚の際に称していた氏を称する届」を役所に提出することで、婚姻時の氏をそのまま名乗ることもできます。これを婚氏続称制度と言います。相手方の同意などは不要で、必要なのは本人の著名押印だけです。

3ヶ月以内に手続きをしなかった場合には、婚氏続称制度を利用することはできなくなります。しかし、それで婚姻中の氏を名乗れなくなるというものではなく、家庭裁判所に「氏の変更許可の申立て」をすることで、氏を名乗り続けることが可能です。

この申立てが認められるためには社会生活を営む上での不利益や不便があること、すなわち「やむを得ない事由」が必要になります。絶対に認められるというものではないので、できることなら3ヶ月以内に(あるいは離婚届と同時に)「離婚の際に称していた氏を称する届」を役所に提出した方が良いでしょう。

そのためには離婚届を出す前に、氏について十分に検討しておくことが大切です。

離婚後の戸籍について

離婚後は、夫はそのままの戸籍にとどまりますが、妻は結婚前の戸籍に戻ります(結婚で妻が氏を変えた場合)。これを復籍といいます。

ただし、「実家の戸籍が除籍になって残っていない場合」、には、戻る戸籍がないので新しく作ることになります。それ以外にも、「結婚時の姓を継続使用する場合」、「本人が希望する場合」には、妻を筆頭者とする戸籍を新しく作成することになります。

元の戸籍に戻った者が新しい戸籍を作ることは可能ですが、新しい戸籍を作った者が元の戸籍に戻ることはできないので注意が必要です。

戸籍をどうするかについても、事前によく検討しておく必要があります。

子供の氏と戸籍について

親が離婚をしても、子供の氏と戸籍にはなんら変更はありません。母親が親権者となったとしても、自動的に子供も母親の氏に変わるわけではありません。子供はそのまま父親の氏を名乗り、戸籍も父親の戸籍に入り続けます。

一方、母親は手続きをしなければ旧姓に戻ることになるので、一緒に生活していたとしても、母親と子供の氏は異なることになります。

また、ややこしい話になりますが、母親が婚氏続称制度で婚姻時の氏を継続使用した場合でも、子供の氏と母親の氏は呼び方は同じですが、法律上は別の氏として扱われます。

例えば、鈴木良子さんと武田信男さんが結婚して、武田良子さんとなり、生まれた子供が武田秀行君だったとします。離婚して良子さんが秀行君の親権者となった場合も子供は武田秀行君のままです。良子さんは氏を継続して武田良子さんを名乗り続けることで、表向きは武田良子さんと武田秀行君ですが、法律上は別の武田として扱われることになります。

婚氏続称制度は氏を継続するための措置であり、子供と同じ戸籍にするための制度ではない点に注意が必要です。

子供を母親の戸籍に入れるためには

子供を母親の戸籍に入れるためには、まずは母親が自分を戸籍筆頭者とする戸籍を新しく作らなければなりません。三世代の戸籍を作ることは法律上認められていないので、母親が親の戸籍に入っている間は子供を母親の戸籍に入れることはできないからです。

その後、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申立をして許可をもらいます。子の氏の変更許可をもらえたとしても、この段階ではまだ子供の氏に変更はありません。子供を母親の戸籍に入れる手続きを完了させてはじめて子供の氏の変更の効力が生じます。

離婚後、子供をどちらの戸籍に入れておくのが良いかということは一概には決めることはできません。個々の状況によって異なります。

離婚届を出してからだと、手続きが煩雑になってしまうので、離婚届を出す前に弁護士などの法律の専門家としっかり相談するようにするのがいいと思います。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。