調査員が追跡に失敗して、浮気の証拠を得られなかったケース

トラブルの概要

奥さんが浮気をしていたため、旦那さんが探偵事務所に浮気調査を依頼しました。奥さんは仕事で知り合った男性と関係をもち、仕事帰りや休日に男性と会っている様子。

これまでも「休日は友達と○○へ出かけて遅くなるから。」と言い、浮気相手と会っていたようです。旦那さんは、確たる証拠はないものの、奥さんの様子から浮気があると判断し、今後の休日の様子を調べてほしいと依頼しました。

旦那さんからの連絡を受けて、休日の朝から調査員が出動。奥さんが自宅を出るところから追跡をして、浮気相手と会うまでを確認しました。奥さんは市外のショッピングセンターの駐車場に車をとめ、そこで浮気相手の男性の車に同乗して出かける様子。

調査員は2人のあとを追跡し、その日の行動をおさえようとしました。ところが、2人を乗せた車は、インターチェンジに入って高速に乗り、そのまま県外へと向かう様子。これを追跡しようと調査員も車を走らせましたが、相手の車の方がスピードを上げてどんどん先へ行ってしまいました。

高速道路は休日でかなり混雑しており、1度見失った車両を再発見することができず、そのまま調査が失敗。浮気相手がいるとわかりながら、浮気の証拠をつかむことができず、依頼者の旦那さんに報告することになりました。

1度は調査が打ち切りになったものの、旦那さんはその後も浮気調査を依頼し、証拠をつかんでほしいと訴えました。調査員は2回目の連絡を受けて、2週間後の休日に再調査を実施。

しかし、この際も浮気相手の車が県外へ出て入り組んだ路地を走行したため、失尾して浮気の証拠をつかむことができませんでした。これには旦那さんも納得がいかず、料金は一切支払わないと訴えたため、トラブルに発展しかけました。

最終的には、探偵事務所側が「完全成功報酬」として条件を契約書に記載していたため、調査を成功していなかったことから、料金を請求することなく調査が終了しました。

トラブルの原因

このケースは探偵事務所側の調査失敗が原因のため、依頼者側には何ら非はありません。「完全成功報酬」の条件についても、「浮気の証拠が取れたときのみ」と契約書に記載していたため、条件が満たされなかったことから料金の支払い義務はなくなりました。

探偵事務所も無料相談や契約の段階で、どのくらいの情報、条件が揃えば調査が成功するという経験則のもとで浮気調査を行います。しかし、どんな条件があっても、100%成功するとは限らないため、依頼者もその点を念頭に依頼したほうが良いでしょう。予測不可能な行動や、追跡不可能な状況など、さまざまな要素がからんで、トラブルの原因となりました。

トラブルの対策

こうした「調査結果が得られなかった場合」の対応を、依頼者も想定して契約書にサインしたほうが良いでしょう。具体的な「成功条件」を契約書に記載し、その結果に応じてどれだけの料金が発生するのか、きちんと確認しておけば、こういった事態に対応できるはずです。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。