追加料金の支払いをためらい、浮気の証拠をおさえるチャンスを逸してしまったケース

トラブルの概要

奥さんが浮気をしたため、旦那さんが浮気調査を依頼。旦那さんは浮気に気付きながらも、見て見ぬふりをして、時間の経過とともに家庭に戻ってくると信じていました。しかし、奥さんの浮気はエスカレートし、頻繁に相手と会うようになりました。

旦那さんは限度を超えた奥さんの行動に怒り心頭。探偵事務所に浮気調査を依頼して離婚の準備を整え始めました。

浮気の頻度が高いため、日時を絞ることなく、奥さんが休日に出かけている日はすべて調査対象になると判断し、浮気調査を実施しました。

予想どおり、休日の午前中から奥さんは浮気相手と会い、男性の車に同乗して市内でデートをしました。しかし、午後になると2人は高速道路を利用し、首都圏に向かっていく様子が確認できました。

調査員は旦那さんに連絡し、遠方に出張というかたちで浮気調査を続行するか確認をとりました。この探偵事務所では調査料金と交通費などは別料金であり、ラブホテルでの宿泊やその他有料施設への入場料などがかかれば実費で請求するというシステムでした。

このことから、旦那さんは旅費や出張費、交通費がかさむと判断して、その日は調査の打ち切るよう調査員に指示しました。浮気の頻度が高いことから、証拠をおさえるチャンスがいつでもあると判断したようです。

しかし、そのチャンスは2度と巡ってくることはありませんでした。実は、奥さんの浮気相手は出張で来ていた男性だったようで、滞在期間が終わった時点でまた別の勤務地へ異動するとのこと。

旦那さんは浮気の証拠をおさえるチャンスを逸したため、探偵事務所に怒りをぶつけました。当然ながら、調査員は旦那さんの指示どおりに調査を打ち切ったため、非難されることはないと伝えました。

トラブルの原因

このケースは運に左右されたトラブルの事案です。依頼者の方も予算の都合がありますから、こういった「交通費・宿泊費などが別料金のシステム」を採用している探偵事務所では、調査を続行するか否かの判断は依頼者に委ねられます。

次回のチャンスを待つか、お金をかけてでも証拠をとるかで、問題解決への道が大きく分かれてきます。その選択の誤りがこのケースの原因といえるでしょう。

トラブルの対策

パートナーの行動から明らかに浮気をする日時などがわかっている場合などは、時間の経過を待つなどはせず、きちんと対処すべきでしょう。

浮気問題も早期に手を打って解決策を立て、離婚か復縁かなどの結論を出すべきです。夫婦として我慢する時期も大切かもしれませんが、浮気の現場をおさえるというチャンスはそうあるものではありません。とるべき時に証拠をとり、それをもとに問題を解決していくべきです。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。