調査対象者に対して法律に抵触するような行動をとって契約を解除したケース

トラブルの概要

奥さんが浮気をしたために、旦那さんが探偵事務所に浮気調査を依頼しました。奥さんはキャバラクラで働いている方で、そこで知り合ったお客さんと関係をもって不倫をしている様子。

旦那さんは浮気があるとわかってはいるものの、奥さんの職場がお店であることから自分で店に入って様子を見ることができずに調査を依頼しました。

探偵事務所は客として店に入り、奥さんの様子を確認、特定の男性とつながりがあるかを調べていきました。しかし、接客業という職業柄、どの男性ともつきあいはあり、不特定のお客さんと同伴もしている様子。

店外での特別なつきあいがあるかは、わかりませんでした。しかしながら、数人ほど深い関係にあると判断できるようなお客さんがいたため、「スタッフとお客さん」という立場での事実を旦那さんに報告しました。

すると、その数日後、調査を続行していた調査員の前に旦那さんが現れ、店外で同伴している奥さんとお客さんに対して声を荒げる様子が見てとれました。調査員はすぐ外にでて、激高している旦那さんの様子を確認しましたが、旦那さんはその客の男性に対して恫喝しているのがわかりました。

その場はおさまったようですが、この行為に対して、探偵事務所側の代表は契約を解除する旨を伝えました。契約書に記載のとおり、調査対象者などに対して、暴力行為や違法行為、迷惑行為、またはそれに準ずる行為をした場合は契約を解除すると告げたのです。

旦那さんは納得がいかない様子でしたが、トラブルになる可能性があると判断し、探偵事務所側が契約を解除して調査を打ち切りました。

トラブルの原因

旦那さんはかなり感情的になって、奥さんと客の男性に対して詰め寄っていました。しかし、浮気調査の段階では、その男性が「浮気相手であるという事実は確認できていません。」

旦那さんはまったく無関係のお客さんに対して怒りをぶつけて、奥さんの仕事を妨げていた可能性があります。浮気調査の場合、調査の途上で浮気相手がわかったと同時に感情的になって行動してしまう依頼者がいます。このケースでは契約書に記載の事実を破って迷惑行為に準ずる行為をしたことがトラブルの原因です。

トラブルの対策

冷静さを欠いて感情的になっても、問題が解決するまでは、お互いが水面下で浮気調査をする必要があります。

きちんと契約書に記載されていることを守り、決して暴力行為や迷惑行為などをして刑事罰の対象にならないよう、自分をおさえる必要があるでしょう。

浮気をされた被害者の立場であっても、自身は法律で戦うということを念頭に、探偵事務所と連携して問題解決をしていくことが大切です。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。