浮気調査がバレて探偵事務所の調査を妨害してきたケース

トラブルの概要

旦那さんの浮気が原因で、離婚が決定したものの、慰謝料や財産分与の支払いに応じなかったため、奥様が調査を依頼しました。旦那さんはアルコールが原因で依存症に陥り、浮気を含めて生活が破たんした状態。

協議離婚が確定して、「慰謝料を払う」と口約束したものの、支払いに応じずに施設に入院してしまいました。すでに離婚が成立しているため、身内ではない関係者が面会に行くことは許されない状態。

旦那さんは退院したのち、浮気相手のもとに身を寄せるつもりのようですが、その行動を確認してほしいと調査を依頼しました。調査員は奥様からできるだけ情報を集め、旦那さんが退院するであろう日時を特定。

当日の早朝から施設の出入口に張り込み、追跡調査を行いました。予想通り、旦那さんは施設のスタッフに連れられて退院しましたが、迎えに来ていた車に乗り込むと、早急に施設を去っていきました。

当然、調査員は旦那さんの後を追跡しましたが、どういうわけか、追跡開始から間もなく、2台の車両が調査員の走行を邪魔し、追跡を妨げてきました。これによって調査が妨害されたため、旦那さんの居場所を特定することはできず、調査結果が得られませんでした。

探偵事務所側は事情を説明して料金は請求しませんでしたが、チャンスをものにできなかったことで奥様は怒り、クレームをつけてトラブルになりました。

トラブルの原因

調査員の前に立ちふさがったのは、明らかに別の探偵事務所のチームです。これは旦那さん側が雇った調査員で、退院後に追跡されることを予想して調査の妨害にでたのでしょう。

結果としは調査の失敗がトラブルの原因となりましたが、別の探偵事務所が入りこんでくるのは異例の事態でしょう。慰謝料や財産分与、養育費や生活費の支払いが絡んでくる場合は、支払いが滞ると姿をくらましてしまう人がいます。

こういったトラブルのために、協議離婚ではなく調停に訴えて法的拘束力のある書面に、取決めを残しておく必要があるのです。

トラブルの対策

極めて珍しケースですが、現実にある例として対策をしておく必要があります。調査に対しての対策よりは、離婚方法できちんと手続きをとる必要があったでしょう。

財産に関することはあとでトラブルになる原因ですから、口約束は厳禁です。協議離婚の場合でも、あとで不払いになったり、うやむやにされることが多々あります。

「仕事が忙しい、めんどう、わからない」という理由で書面に残さずにいると、結果として問題が起きるかもしれません。法的な拘束力のある書類を準備して、お互いの取決めについて合意のもとサインをしておくことで防ぐことができます。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。