依頼者の身勝手な行動で、調査が浮気相手にバレてしまうケース

トラブルの概要

奥さんが浮気をしていたため、旦那さんが探偵事務所に浮気調査を依頼しました。奥さんは県外の実家に帰省するたびに浮気相手と会っているようで、旦那さんはその様子をうすうす感じていたようです。

旦那さんは浮気を疑った当初、自分で調査をしようと奥さんを追跡して、あるところまで情報を集めていました。奥さんは帰省している日数のどこかで、近所の大型スーパーに車を停め、そこで浮気相手と待ち合わせをしていたようです。

そこから先は調査ができなかったため、探偵事務所に依頼しました。調査員は、奥さんが帰省するという連絡を受けた時にすぐに出動して、行動確認を行い、浮気相手と接触する場面をおさえようとしていました。

そして、奥さんが実家に滞在中の2日目に、情報どおり大型スーパーに車を停めたところを確認しました。予想どおり、数十分後に浮気相手と思われる男性が現れ、奥さんは車に同乗。

2人はホテル街へ車を走らせたため、いよいよ「不貞の証拠であるラブホテルへの出入り」がとれると確信しました。しかし、あと数分で車がホテルへ入って行くと思われたその道中。

突然、調査員の前に1台の車が入り込み、対象車両を妨害してしまったのです。そして、あろうことか、対象車両はホテルへは入らず、急転回して市内へ戻ってしまいました。

なんと、調査員の前に入って来た車は、そこにいるはずのない旦那さんの車でした。奥さんと浮気相手は、バックミラーで確認したのか、旦那さんの姿に気付き、急転回してホテルから離れていきました。

このあと、調査員は旦那さんに対して厳重に注意し、逆にクレームをつけましたが、時すでに遅く、証拠をつかむことはできませんでした。

トラブルの原因

こういったケースは多々あり、探偵事務所と依頼者のあいだでもたびたび問題になります。浮気された怒り、動揺から、依頼者の方が勢い余って自分で調査に乗り出してしまい、バレてしまうというケースです。

旦那さんはもともと自分で情報収集をしていましたが、「浮気調査と情報収集の線引きができなくなった」ようです。冷静さを欠いて調査に乗り出してしまったことがトラブルの原因といえるでしょう。

トラブルの対策

自分でできるのは「浮気調査」ではなく、「浮気調査を補助するための情報収集」です。浮気をされた立場であれば、誰しも冷静さを失って行動しがちですが、度を超えてはいけません。

浮気調査を依頼したのであれば、浮気調査は探偵事務所にまかせて、アドバイスや指示にしたがって戦略どおりに動いていくべきでしょう。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。