浮気は繰り返す!別れた浮気相手と離れられない男の浮気調査

調査の概要

旦那さんが以前、浮気していた相手の女性に未練があり、まだ気持ちが残っている様子。奥様は心配して、浮気の実態がないかを確認してほしいとのこと。旦那さんの行動を中・長期的に調査して、浮気の実態がないかを確認する。
依頼主の年齢:38歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:4か月間
料金:60万円

相談内容

旦那さんが数年前に浮気をしていた時期があり、奥様と旦那さん、浮気相手の3人で話し合った結果、きちんと縁を切ることで合意したとのこと。しかし、旦那さんは相手の女性に未練があるようで、本当は会っているかもしれない様子。

確たる証拠はないものの、奥様は心配して、浮気相手と本当に縁が切れているかを確かめたいと相談してきました。浮気相手と接触するような情報はなく、あやしいという確信もない。旦那さんは仕事で常に出ているので、行動を調べて、生活の中に女性の影がないかを徹底調査してほしいということでした。

調査内容

旦那さんは常に車を使用してるため、特殊機材を利用して走行履歴を調べる調査をしました。調査員が尾行・追跡しなくとも、1週間の車の動きがわかるため、走行経路の統計をとって、何をしているかを確認。すると、3週間が経過した時点で、やはり車の動きがある特定の場所の周辺を回っていることがわかりました。

やはり、旦那さんは以前の浮気相手の居住地を「半ば知っていて」、その周りを周回して、女性の姿がわかるまで調べていたようでした。走行経路はデータとしてハッキリ出るため、奥様に提出し、確認してもらました。

以前の浮気相手は、縁が切れた時に居住地も変えることで合意しており、その後、連絡も一切とっていないので、どこに住んでいるかは知らないはずでした。しかし、旦那さんは長い時間をかけて情報を少しずつ集め、相手の女性の居場所を絞っていたのです。

調査を終えての感想

データを元に、奥様は旦那さんを問い詰め、浮気相手への未練が残っていたことを確認しました。そしてすぐ、「次回浮気したら離婚し、財産や親権を譲渡する」旨の書面を持ち出して、旦那さんに突き付けたそうです。

今回は行動調査をもとに、旦那さんの再度の浮気を阻止した結果となりました。浮気をしたことで離婚する場合には問題が解決しますが、やり直した場合には、やはり再トラブルを覚悟した上で夫婦生活を送る必要がありそうです。

やり直す際にはきちんと書面に残して、浮気が発覚した場合の慰謝料や財産、親権などを具体的に決めておいたほうがよいでしょう。書面に残しておけば、次回のトラブルの時に強い保障となってくれるはずです。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。