自宅の周りに不審なビラ!嫌がらせの犯人を探偵が調査した結果

調査の概要

ある女性からの依頼で、自宅の周りに、明らかに自分への誹謗中傷とみられるビラがまかれているとのこと。警察に相談したものの、ハッキリした証拠がないため事件化しづらいとの回答。ビラをまいている人物を特定し、刑事事件につなげる。
依頼主の年齢:42歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:3か月
料金:18万円

相談内容

依頼者の女性は大変困っているようで、誹謗中傷のビラが半年間にわたって自宅付近にまかれているとのこと。近隣の住民もいるため、早くやめさせたいこと、ビラをまいている人物を特定して、警察に訴えたいとの相談。

女性は既婚者で、旦那さんとお子さん2人の4人家族。日中は仕事に出ているが、夕方から夜間にかけて誰かがビラを撒いているらしく、自分でも調べてみたが証拠がつかめなかった。近隣の住民はもちろん、家族にもこの事実を知られたくないので、隠密に調査してほしいという依頼でした。

調査内容

まずは、ビラがまかれているという時間帯に調査員が数人で待機。まいている人物は相当警戒しながら執拗な嫌がらせをしているようで、少しでも人影がある時はビラをまかず、絶対にバレないように嫌がらせをしていたようです。夏の暑い時期に草陰に隠れて調査を続けたり、駐車場の中で車のエンジンを切って張り込みを続けました。

すると、2週間が経過した時点で同じ時間帯にほぼ同じ車が通過していることが判明。さらに調査を進めると、ついにビラを撒いている車を特定できました。すぐに追跡調査して尾行しましたが、相手もかなり警戒しているようで、かなり調査が難航しました。

結果的に車の持ち主を特定し、その人物の顔を撮影し、データとして提出しました。女性はこの調査結果に納得しましたが、あとは自分で対処するといって警察に対応してもらうことにしたようです。

調査を終えての感想

一見、浮気調査とは無関係に思えますが、後日、事の真相を聞いたところ、ビラを配っていたのは女性の元浮気相手の男性だったようです。家族にも明かさずに、隠密に調査して事態を収拾したいという女性の要望には、そんな理由が隠されていたようです。

こういった問題はあとをたたず、浮気をしてしまったが、相手ときれいな別れ方ができずに、のちのちのトラブルに発展するケースです。やはり浮気問題はきちんとした決着をつけるべきでしょう。

車の持ち主と人物が特定できたため、調査を続行して、車からビラがまかれるシーンをビデオカメラに撮影。さらに、その車から男性が降りてくるシーンを撮影できたため、車両と人物をつなげることに成功。落ちているビラは証拠品として警察に提出したそうです。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。