旦那がキャバ嬢と不倫疑惑が!浮気調査の結果は。。。

調査の概要

2歳の子供を持った父親が、キャバ嬢に熱をあげてしまい、浮気をしているので調査してほしいとの依頼。相手がどんな女性か確かめ、浮気の実態があれば証拠を押さえ、離婚の準備を整える。
依頼主の年齢:28歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:1か月
料金:26万円

相談内容

2歳の子供を持つ奥様からの相談です。夫が仕事帰りに飲んでくることが多くなり、その頻度が増し、お金の使い方が荒くて困っている。職場の上司と飲んでいると言っているが、夫の職場は少人数で、毎回飲んで帰ってくるほど仲の良い人はいないはず。お金の使い方を見ると、自分が飲むだけではないようで、誰かにプレゼントをしているような形跡があるため、浮気かもしれないとのこと。
奥様は、夫のキャバクラ通いを感じ、お店の女性と浮気をしているのではないかと疑っていました。給料日のあとはすぐ飲みに行き、奥様とお子さんが留守の時は必ずどこかへ出かけるとのこと。奥様は家を留守にするので、その日の夫の行動を調査してほしいと相談してきました。

調査内容

奥様が3日ほど家を空ける間、旦那さんが浮気相手と会うかどうかを調査。朝から旦那さんの行動を追跡調査すると、その日は仕事へ行かず、市内のショッピングセンターに車を停めました。奥様の推測どおり、浮気相手と会い、そこから出かける予定だったことが判明したのです。
浮気相手は20代前半の若い女性。2人は車に乗り、高速道路を使って他県に向かい、デートをして1日を過ごしました。調査員2名が稼働していたので、2人を追跡調査したところ、食事をしたり、温泉に行ったりとデートを満喫した様子。
その後の調査で、浮気相手はキャバクラに勤務する女性とわかり、旦那さんが熱をあげてお金を貢ぎ、肉体関係を持っていたことが判明しました。1か月にわたる調査で「不貞の証拠」であるラブホテルへの出入りを撮影することに成功。
しかし、奥様は1回のみの証拠では納得せず、その後も数回にわたって行動調査を依頼してきました。結果として、1か月間で3回の証拠をおさえ、調停や裁判で採用される動かぬ証拠がとれました。

調査を終えての感想

1か月間で、遠方までの調査が重なりました。さらに、浮気相手の女性はキャバクラに勤務していることから、お店への内偵などを実施し、2人の会話の内容などから、次回のデートの日にちなどを割り出しました。調査は3回にわたりましたが、調査日を絞り込むことで、必要最小限の時間と人員、費用で抑えることができました。
小さなお子さんを持ちながら浮気をしてしまった旦那さん。その行為に対し、奥様はかなり怒っている状態でした。奥様は離婚を決意し、調停や裁判にもつれても「絶対に勝つ」という意思が表れていた案件だったと思います。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。