20歳年下の女子大生と浮気をしていた夫の浮気がバレて修羅場に

調査の概要

結婚10年目の奥様からの依頼で、旦那さんが浮気をしているようなので、調べてほしいとのこと。車の中や書斎から若い女性向けの雑誌が出てきたりと不審な点が多い。浮気相手を確認して、不貞の実態があれば証拠をおさえる。
依頼主の年齢:41歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:2日間
料金:28万

相談内容

旦那さんの書斎から女性向けのファッション誌などが出てきたとのこと。奥様は浮気を疑って、旦那さんのPCのネット検索サイトを調べたところ、「お気に入り」には化粧品やバッグ、アクセサリのページが入っていたそうです。

旦那さんは最近、仕事の帰りが遅く、業務内容を聞いても「会社が忙しい、立て込んでる。」と言うのみで、取り合わない様子。中年の男性では考えられないような「恋愛の本」を読んでいたり、趣味が変わってきたそうです。

奥様は、浮気相手が誰かは想像もつかないが、おそらく職場の女性ではないかと推測していました。旦那さんの仕事帰りの様子や、休日出勤になった場合に浮気調査をしてほしいという相談です。

調査内容

仕事帰りの旦那さんの行動確認をしたところ、わずか1日で浮気が発覚しました。相手は女子大学生で、旦那さんとは20歳ほど年齢が離れていました。一緒に食事をして、すぐにラブホテルに入って2時間ほどすごし、帰宅するというパターンです。

2日目も同じように女性と会い、手をつないで歩き、レストランに入るという行動です。1日目で「不貞の証拠」がとれたため、奥様に調査結果のデータを渡し、今後の対応について検討するようアドバイスしました。

調査を終えての感想

「不貞の証拠」がとれたため、協議離婚の取り決めをする段取りに入る予定でしたが、事態が急変してしまいました。証拠を見た奥様は怒り、相手の女子大生を呼びつけて3者面談をし始めたのです。

浮気調査の証拠を得たまでは良かったのですが、証拠を生かして協議や調停での利用はしないという結果になりました。旦那さんにも怒りをぶつけ、すぐに「離婚だ!」と言って、離婚が成立してしまったようです。

料金をかけて証拠をとったものの、離婚届にサインしてしまっては、そこで離婚が成立したことになります。財産分与や親権、生活費や養育費の問題などは法的な手続きをとらずに、あとで話し合いで決めることになるでしょう。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。