取引先の女性と不倫をしていた旦那の浮気調査

調査の概要

会社を経営する旦那さんが若い女性と浮気しているとの依頼。問い詰めれば怒り出し、浮気を認めようとしないため、確実な証拠をとって調停に訴えたい。
依頼主の年齢:42歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:2週間
料金:26万円

相談内容

42歳の奥様からの相談で、夫が明らかに浮気をしているので困っているとメール相談を受けました。1年くらい前から仕事の帰りが遅くなっているが、職場に電話してもすでに帰宅していると言われたそうです。
奥様は旦那さんを問い詰めて、浮気があるかを確認しているが、旦那さんは話のたびに怒り出し、浮気をもみ消そうとしているとのこと。メールや通話履歴から、明らかに浮気相手がいるのはわかってるものの、はっきりした証拠がとれないので調査をお願いしたいという相談でした。さらに、奥様はその証拠を使って調停離婚に訴える予定であり、旦那さんにも社会的な制裁を加えたいとの考えでした。

調査内容

まずは旦那さんの行動調査を開始。会社に車がない時は調査員が出動し、車の場所を把握していきます。すると、1週間が経過した時点で、平日の昼間に、旦那さんの車が郊外のラブホテルで位置反応を示していました。調査員はすぐに現場に急行して、ラブホテルの外観から部屋の番号、旦那さんの車が駐車してあるシーンを動画におさめました。
これで、旦那さんが昼間、仕事をしているはずの時間にラブホテルの一室に入っていたことが判明。さらに、3時間ほど張り込みを続けると、旦那さんと浮気相手の女性が部屋から出てきて、車に乗り込む様子が確認できました。旦那さんも浮気相手の女性も警戒している様子で、ラブホテルから出たあとは郊外の山道に入りこんでから市内に入ってから別れました。
浮気相手の女性は別の場所に車を駐車していましたが、調査員は最後まで追跡。女性の顔もはっきりとわかるようにビデオカメラで撮影することができました。これをもって、「不貞の証拠」を押さえることができたので、奥様に提出し、調査は終了しました。

調査を終えての感想

奥様はこの証拠をもって旦那さんと会社に対し、浮気の実態を確認しました。浮気の真相は、旦那さんが仕事先で出会った関係企業の女性と恋仲になってしまい、不倫関係に至ったとのこと。それだけではおさまらず、相手の女性を自社で雇用し、さらに、アパートを借りて生活面を支えていたことが判明しました。
浮気調査では「不貞の証拠」をおさえることが目的ですが、その証拠をどのように使うかは依頼者次第ともいえます。今回の調査結果は、奥様の判断で会社に提出され、旦那さんは社内での信頼を大きく失う結果となりました。しかし、40代で一企業の経営者となると、誰も社会的な制裁を加えることはできず、旦那さんは完全に開き直って浮気を続けたようです。結果として、調停離婚では離婚原因が旦那さんにあると判断され、財産分与に大きく影響しました。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。