浮気調査で証拠を揃えたものの使い方を間違えてしまった事例

調査の概要

旦那さんが浮気を繰り返しているため離婚を希望。慰謝料や財産、生活費など、とれるものは全部とりたいという依頼者の考えから、調停や裁判で勝てるだけの証拠を押さえる。
依頼主の年齢:51歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:2か月
料金:26万円

相談内容

旦那さんが1年くらい前から女性と浮気をしている。はっきりした証拠はないものの、明らかに女性の存在がわかり、開き直っているような状態とのこと。奥様も半分あきれいる様子ですが、確実な証拠がとれれば、これまでの気持ちを精算する意味でも離婚し、調停に訴えて財産や慰謝料をとれるだけとりたいという考えでした。

旦那さんは常に浮気相手と会っているわけではなく、2~3か月のあいだに頻繁に女性と会い、月日をおいてまた浮気をするというパターン。先に探偵事務所に依頼しておき、旦那さんに動きがあったら対応してもらい、証拠をとってほしいという相談です。

調査内容

契約時の内容どおり、奥様から連絡があった時にすぐに調査員が出動し、旦那さんの行動確認を実施しました。すると、旦那さんが浮気相手と会い、ラブホテルへの出入りする現場を確認できたので、ビデオカメラに証拠としておさめることに成功しました。

これが2か月間で5回ほどあり、「不貞の証拠」「浮気の常習性」が確認できました。その都度、奥様に報告して離婚の準備を整えていただきました。契約どおりに調査を実施し、調停や裁判で勝てるだけの確実な証拠がとれたと思います。

調査を終えての感想

その後の奥様の対応が問題をこじらせる結果となりました。奥様はこれまでの怒りから、証拠がとれるたびに旦那さんに訴え、「浮気しているのはわかってる!証拠はもってる!」と言ってしまっていたのです。

探偵事務所では、浮気調査を行い、証拠を押さえることが仕事ですが、その間の対応などもきちんとアドバイスをしています。証拠がとれても、調停や裁判で使うまでは決して調査を明るみにしてはいけないこと。警戒心を持たれるため、これまでどおりの夫婦を装っていくことなどです。奥様はこういった基本的なアドバイスを聞き入れられず、怒りにまかせてすべてを言ってしまっていたのです。

結果として、調停や裁判に訴えようとしましたが、旦那さんに反論されることになりました。浮気をしているのは認めたようですが、「浮気に至ったのは、奥様との夫婦関係に耐えられなくなった。奥様の性格や価値観、金銭感覚などが違いすぎ、女性として見られずに浮気に走ってしまった。」などと反論してきたようです。これは、調停や裁判を意識した上での対策といえるでしょう。

「不貞の実態」があれば裁判上の離婚理由として認められますが、「婚姻を継続しがたい重大な事由」もその1つです。奥様が怒りにまかせて「調べている!証拠を持っている!」と訴えるたびに、旦那さんは「その離婚理由を浮気から価値観の違いへすり変えよう」という作戦に出たのです。

探偵事務所に浮気調査を依頼する際は、きちんとアドバイスを聞き、冷静に対応することが重要です。浮気調査で証拠をとって調停や裁判にもちこむことは、法律で戦う準備をすることです。そこには戦略があるため、それに反した行動をとってしまうと、せっかくの調査もかかったお金もムダになってしまうかもしれません。証拠の扱い方、探偵事務所との連携がとても重要だと感じられる事例です。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。