早期退職した旦那がキャバクラで浮気?浮気調査の結果

調査の概要

5年前に旦那さんが仕事を早期退職して以来、毎週のようにバーに飲みにいくようになった。浮気相手はキャバクラの女性だということがわかっており、その事実を証拠としておさえる。

すでに離婚は決まっていて、調停では決着がつかなかったので、裁判に訴える準備をしているとのこと。双方弁護士を立てているため、原告(奥様)の弁護士と協議しながら、裁判で勝てるだけの証拠をおさえる。
依頼主の年齢:52歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:3か月
料金:58万円

相談内容

旦那さんは46歳の時に会社の方針で早期退職をしたとのこと。退職金を使って住宅ローンを完済したものの、仕事をしなくなってからは遊んでばかり。キャバクラの女性にお金を貢ぎ、やがて浮気をするようになりました。

2人はすでに離婚の意思を固めていたものの、親権や財産分与のことで決着がつかず調停離婚に発展していました。旦那さんは退職金を使ってローンを支払ったため、奥様の退職金を等分すべきと訴えていましたが、奥様が反論して裁判で戦うことになったとのこと。

弁護士が裁判で必要な証拠を求めているため、「浮気の実態」を調査し、「財産分与の相当額」を決めるための証拠がほしいと相談してきました。

調査内容

すぐに旦那さんの行動調査を開始したところ、1か月で4~5回ほどキャバクラに行き、浮気相手の女性を指名して飲んでいた事実が判明。裁判において、仮に奥様の退職金を等分しても、その使い道が飲み代として消えることが想像できるでしょう。このことから、旦那さんの金銭感覚に対する裁判官への印象が悪くなり、被告(旦那さん)の意見が聞き入れられないことの要因になります。

しかし、3か月間浮気調査をしても、キャバクラの女性との間に「不貞の証拠」はなく、2人がラブホテルに入るなどの事実は確認できませんでした。飲んだあとは深夜でも帰宅し、キャバクラの女性とは、あくまで「客とスタッフ」という関係にとどまっていたようです。

調査を終えての感想

不貞の証拠は確認できませんでしたが、旦那さんの素行調査などが功を奏して、裁判にかなりの影響を与えたようです。結果的に原告の奥様が勝利するかたちとなり、旦那さんは家を出ることになりました。

キャバクラの女性に貢いだお金は相当な額で、これまでかなり家計を圧迫していたようでした。この事実が確認されたことから、「婚姻を継続しがたい重大な事由」が適用され、判決が下りました。

浮気をしていなくても、離婚の原因は色々とあります。その事実が確認できれば、調停や裁判で有力な証拠となり、離婚の際に大きく影響するでしょう。

こういった調査では、調査員もキャバクラに入るなどの内偵を行うため、かなりの調査費用がかかってきます。浮気調査には有料施設への出入りなどで別途料金がかかるので、その典型的な例といえるでしょう。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。