誰かに見られているかもしれない!ストーカーの不安を抱える女性からの調査の依頼

調査の概要

会社にいる男性からストーカーまがいの行為をされている。依頼者の女性の自宅や仕事外の時間を監視して、周囲に不審な人物がいるかどうかを調査する。
依頼主の年齢:28歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:3日間
料金:21万円

相談内容

会社員の女性が、職場の同僚の男性からストーカーの被害を受けているかもしれないと相談してきました。同僚の男性は好意を寄せているようで、女性に対してしつこく食事に誘ったりしているとのこと。

女性は断り続けている状態だが、最近、自宅のアパートのゴミ置き場で、自分の出したゴミ袋だけが開けられていたりするとのこと。さらに、男性が社内で話しかけてくるが、自分の私生活を知っている内容だったことに驚愕。

どこかで自宅を見張っていたり、休日の外出先もあとをつけているような気がするため、1週間ほど監視して、周囲を見てほしいという相談でした。

また、ストーカーのような行為、犯罪に当たる行為をしている人物が特定できたら、警察に届け出るための証拠をおさえてほしいという要望です。

調査内容

依頼者である女性を尾行・追跡しながら周囲を監視するという調査です。女性の出社時から仕事での外出先の様子、退社から帰宅まで、1日をとおして調査を実施しましたが、3日間はまったく不審な点が見当たりませんでした。

ゴミ置き場の様子などは機材を設置して映像を確認するという作業をしましたが、これも不審な人物などは現れていませんでした。依頼者の女性には随時、調査結果を報告していましたが、やはり同僚の男性があやしいと感じている様子。

会社で2人になった時、話しかけてくる内容が、女性の私生活を知っていると感じたようです。女性の好きなものや、アーティスト、趣味の話などに詳しく、同意を得るように会話を進めてくることが気になっているとのこと。

そこで調査員は調査方法を切り替えて、女性の自宅内に盗聴器が仕掛けられていないかを確認することにしました。すると、案の定、自宅アパートから盗聴反応が出て、リビングのコンセント部分に盗聴器が仕掛けられているのを発見しました。

盗聴器を取り外し、女性に調査結果を確認してもらいました。

調査を終えての感想

盗聴器がなくなったことで女性は安心したため、調査結果に納得していただきました。その後、男性から私生活を推測されるような会話はなくなったようです。

男性が盗聴器を仕掛けたという証拠はありませんが、男性に対してハッキリと意思を伝え、事実上、職場での縁を切ることに成功したとのこと。職場の上司にも協力してもらい、部署を離してもらったようです。

調査員は盗聴調査を行うとともに、今後、他人が簡単に部屋に侵入できないような設備を整えるよう防犯へのアドバイスを行いました。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。