単身赴任で転居したアパートが盗聴されていないか探偵会社が調査を実施!

調査の概要

会社員の男性からの調査依頼で、単身赴任で新しいアパートに転居してきたが、盗聴器などが隠されていないか調査してほしい。アパートの部屋をくまなく調べ、盗聴器がないかどうかを確認する。

依頼主の年齢:41歳
依頼主の性別:男性
総調査期間:4日間
料金:35万円

相談内容

会社員の男性が単身赴任で新しいアパートに転居してきたとのこと。仕事がら重要な情報を扱うようで、私生活においても高い守秘義務が課せられるため、事前にアパートの部屋を調査しておきたいとの相談でした。

また、仕事が始まってから数日は留守中の部屋の様子を確認して、不審な人物が徘徊しないか、不審な点がないかを見てもらいたいとのことでした。

調査内容

盗聴調査は調査対象となる部屋に入る前から、アパートの周辺をチェックして反応がないかどうかを確認します。盗聴器は部屋の中に仕掛けられていることもありますが、部屋の外に設置されている場合もあるため、調査には注意が必要でした。

調査当日、部屋を訪問して、盗聴器が仕掛けられやすい場所などをくまなくチェックしました。電話やコンセントの内部などは特に注意が必要なため、ポイントを絞って調べていきます。

盗聴器を調べる機材は特殊なものであるため、仕掛けられていれば、特殊な電波が発せられているという反応があります。リビングやキッチン、寝室の重要ポイントに機材を当てて調べていきましたが、特殊電波は出ず、盗聴器がない判断できました。

また、男性が仕事で留守をしている間は調査員がアパート付近にて待機。アパート周辺から部屋まで、不審な人物が徘徊していないかどうかを確認していました。4日間にわたって、部屋を訪れた人物は郵便局員のみという結果だったので、男性にはそのことを映像データとともに報告。

納得していただき、調査は終了しました。

調査を終えての感想

依頼者の男性は安心した様子で、これからの生活が送れると言っていました。近年では盗聴調査の数は減ってはきているものの、セキュリティーの甘いアパートなどでは決して安心できないでしょう。

部屋に訪問者があった場合などは特に注意が必要ですから、業者などを部屋に招く場合は作業に立ち会っておいたほうが良いでしょう。また、仕事がら重要な情報を扱う方や、情報漏えいに厳しい対応が課されている方などは、盗聴調査はやっておいて間違いないと思います。

戸建てもアパートもセキュリティシステムは進化し続けていますが、情報漏えいには細心の注意が必要です。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。