取引をもちかけてきた正体不明の会社の実態を探偵が調査

調査の概要

ある企業から大口の取引をしたいと申し出があり、その取引を受けるか否か、依頼者の社長様が迷っている様子でした。信頼できる会社かどうか取引先の企業を調査し、依頼者様の今後の業績につながるか判断する。
依頼主の年齢:51歳
依頼主の性別:男性
総調査期間:6日間
料金:60万円

相談内容

会社を経営している社長様からの依頼で、ある企業から大口の取引をもちかけられたとのこと。しかし、自社の商品を後払いで買い取るという提案に迷いを感じたため、先方の担当者と話しを詰めていった。

しかし、具体的な話になればなるほど、担当者は話をはぐらかしたり、表情がくもったりする様子で、信ぴょう性が感じられない。かといって、信頼できる会社であれば、大きなビジネスチャンスになるため、話を断るわけにはいかないとのこと。

取引をもちかけてきた会社の実態を調査し、「信頼できる会社であるか」どうかを判断してほしいという相談でした。

調査内容

企業に対する調査のため、まずは会社の概要などを調べ、会社としての体裁が整っているかどうかを判断しました。会社そのものは実在し、事務所もかまえている普通の会社です。

商品販売のサービスを行っていて、従業員は少ないものの、社員の印象や事務所の様子から、一見、問題のない企業という印象を受けました。しかし、会社の実情を調査するため、公的資料を多数取り寄せたところ、記載事項と実際の業務にかなりの違和感を感じました。

まず、本社の住所が記されている資料では、過去に何度も住所を変えて、事務所を転居していることが判明。さらに、事業内容についての記載と、実際の業務が違っていることがわかりました。

過去の事務所の所在地、事業内容、代表者などがバラバラであり、企業としての統一性がなく、何の業務で利益を上げている会社であるか、不明な点が多くありました。

明らかに、企業としての利益の実態がない状態で、社名や代表者を変えて、転居を繰り返している幽霊企業であると思われました。事実を報告し、依頼者の社長様には納得していただきました。

調査を終えての感想

依頼者の社長様は調査結果を知り、取引を中止することを決断。自社の商品を奪われてしまう可能性があると判断して、取引には応じないことにしたそうです。

こうした調査は、マイナスになる要素を防ぐための調査であり、企業にとってプラスの効果をもたらすものではありません。しかし、取引に応じて大きな損失を出してしまった場合は、会社にとって存続の危機になります。

それを防ぐことで、依頼者の社長様や社員の方々を守るかたちになれば、調査としては成功といえるかもしれません。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。