企業の内部調査!消えた売上金を追跡せよ。

調査の概要

ある個人経営の企業内で売上金が減っているという問題が発生。従業員の素行調査を行うとともに、原因をつきとめる。
依頼主の年齢:58歳
依頼主の性別:男性
総調査期間:7日間
料金:34万円

相談内容

個人経営の企業の社長さまから相談で、お店の売上金が徐々に減っていっているので困っているとのこと。お店には社員、パート、アルバイトが10数名在籍していて、人の入れ替わりが激しい状態。

売上金が減っている原因は想像がつくものの、何も証拠がないために、従業員を指摘するわけにはいかない。お店の中の調査をするとともに、特定の従業員に対して素行調査を行って、原因をつきとめてほしいという依頼でした。

調査内容

まずは依頼者さまの許可を得てお店の中を調べ、お金が動く動線をおさえてポイントを絞りました。後日、ポイントに特殊機材を設置して、人とお金が接触するシーンを映像としてとらえられるよう準備をしました。

調査開始後は撮影された店内の様子をチェックし、映像に不審な点がないかを確認しました。すると、ある従業員が売上金計算のためにレジスターを持ち出す様子が映しだされ、その動きに不審な点があることを確認しました。

売上金計算はすべて店内で行われますが、その作業を任せられるのは数人だけ。しかし、1人だけが他の従業員と違う動線をとってレジスターを運ぶ様子が映っていました。その映像を依頼者さまに確認してもらい、調査結果に納得していただきました。

調査を終えての感想

この事例は、特殊機材のみを使って行った、不特定の人への素行調査です。結果として、不審な点のあった人物と、依頼者さまが予想していた人物が一致していたことが分かりました。

依頼者さまは、その1人が売上金計算する前のレジ内の現金を見て、計算後の現金が合っているかを確認しましたが、結果は不一致。明らかに、店内で窃盗が行われていた可能性が出てきました。

しかし、窃盗の現場そのものを証拠としておさえたわけではないので、すぐに事件として届け出ることはしなかった様子。依頼者さまはその事実を従業員には告げず、人員を調整することで問題解決をしたということです。刑事事件として届け出なかった背景に、依頼者さまの、あらゆる意味の配慮が見えました。

こういった企業での調査は後を絶ちません。事件化したくないという配慮があるために、黙認している企業さまも多いようです。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。