会社の情報が漏れている!?社員への素行調査

調査の概要

取引先の会社とのあいだで、商品と価格の値段の交渉の際に、事前に値下げできる限界の価格が知られているような事態が発生。

依頼者の方はある従業員を特定していたため、その人物について素行調査を行い、事実確認をする。
依頼主の年齢:52歳
依頼主の性別:男性
総調査期間:11日間
料金:18万円

相談内容

個人経営の会社様の担当者から、取引先企業との価格交渉の際に、事前に会社の情報が洩れている可能性があると相談がありました。取引先企業は、価格交渉の際に、依頼者側の企業が下げられる価格の限界値を知っているような素振りで話をしてくるとのこと。

何度もそういった事態が続いていたため、不審に思って、営業担当の社員を特定して話を聞いたものの、解決できなかったとのこと。さらに、男性従業員を担当からはずして、事態を見たものの、証拠が得られないため、情報漏えいが事実かどうかを確認したい。

男性従業員の素行調査をして、仕事中および仕事外の時間の行動を調べてほしいとのことでした。

調査内容

まずは、取引先企業の場所や担当者などの情報および、調査対象の男性従業員の情報をいただき、素行調査を実施しました。男性が会社に出社してから仕事で外に出ている時、帰社してから退社までの様子、退社後から帰宅まで、休日の行動などを調べていきます。

しかし、11日間にわたる調査でも、男性従業員が取引先企業の特定の人物と接触するような事実は確認できず、情報漏えいの実態は解明できませんでした。

調査が及ばない範囲で、個人のスマホや携帯、PCなどを確認できれば、その中に情報のやりとりがあった可能性もあります。ただし、取引について情報を漏らしていた場合は、「その後、何らかの見返りがある」ことを想定し、必ず取引先との接触があると判断して調査を続行していました。

結果として、ついに確たる情報はつかめず、情報漏えい事態が真実かどうかはわからずに調査は打ち切られました。

調査を終えての感想

本当に難航した調査の一例であり、企業様から依頼を受ける素行調査では、結果の得にくいケースといえるでしょう。その後、どういうわけか情報漏えいの可能性は消え、価格交渉の問題はなくなっていたそうです。

偶然、交渉の際の価格の下限を予想した取引先が話を振ってきたのか、何らかの情報漏えいがあったのかは不明ですが、事態は無事に収拾したようです。

この例のように、探偵事務所に依頼すれば、すべてがわかるというわけではなく、「失敗例」「事実はあるのに証拠がつかめない」ということがあります。

依頼される方は、無料相談の時点でどのくらいの調査結果が得られるかを聞いておきましょう。このケースは探偵事務所も依頼を受けたにも関わらず、「情報漏えいが有るとも無いともいえない」、何も事実を確認できなかったため、正規の料金は発生していません。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。