単身赴任中の夫と連絡がとれない!奥様からの捜索依頼に探偵が立ち上がる

調査の概要

旦那さんが仕事の出張が続き、ついには単身赴任となったが次第に連絡がとれなくなり、安否を確認してほしい。仕事だとは言っているので事件性はないが、身元を確認し行方を探す。

依頼主の年齢:41歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:3週間
料金:60万円

相談内容

旦那さんが仕事で出張が続いた結果、単身赴任になったと言い自宅を出たとのこと。最初のうちはメールや電話で連絡をとっていたものの、次第に音信が途絶え気味になってきた様子。旦那さんは「忙しいから」の一点張りだが、口調や声のトーンが明らかにおかしかった。

ついには、音信普通になってしまい、給与も振り込まれていないため、会社に連絡したところ、実は旦那さんがリストラされていたことが判明。奥様は「旦那さんが何も言えず家を出てしまった」とわかり、急いで家出・行方調査を依頼してきました。

警察署には連絡しようか迷ったようですが、事件性が薄いと積極的な捜索はしてもらえないことから、探偵事務所での調査を決めたようです。

調査内容

まずは旦那さんに関する情報をすべて集めることから行方調査の開始です。顔写真はもちろん、自宅を出る時に持っていった衣類。行き先を告げていったために、そこに関する情報を集めていきました。また、旦那さんとは過度な連絡をとらないよう、奥様にアドバイスし、あくまで「単身赴任でいる」ことを前提にメールをしてもらいました。

探偵事務所では全国に独自のネットワークを持っているため、現地の調査員が出動して、情報をもとに旦那さんの捜索を行いました。まずは旦那さんの前職の経歴をもとに、現地での関連会社や友人・知人のいる場所を徹底的にあらっていきます。

すると、2週間が経過したところで、奥様からメールの返信があったと連絡が入りました。旦那さんの仕事の状況を聞いたところ、「忙しい。○○業務が立て込んでる。」などと、現在の仕事を示唆するような文章があったそうです。

調査員はすぐに現地の会社を当たって調べたところ、旦那さんを見つけることに成功しました。旦那さんはリストラされたものの、前職で知り合った仕事先の方と懇意にしており、アルバイトというかたちで就業していたようです。

調査を終えての感想

行方調査では、交友関係をくまなく調べて、関連会社や友人・知人まであらゆる情報をつぶしていきます。今回の事例では関連会社を調べていくことで、旦那さんと懇意にしていた人物が特定でき、さらに行き先もわかっていたため、見つけることができました。

ただし、家出・行方調査は極めて難しく、特定の人物を見つけられるのは運も関わってきます。旦那さんが嘘をついていた場合は、検討違いの場所を探すことになりますが、メールや会話の内容、性格から「完全に家庭を捨てたわけではない」と判断。

100%嘘ではないと推測し、現地調査員に出動してもらました。

後日、奥様の意思を旦那さんに伝えたところ、「リストラされたことを言いづらく、苦慮して今の状態に至った」と言ったそうです。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。