女性から多額の借金!弁護士も含めて解決した結婚調査

調査の概要

付き合っていた男性に多額のお金を貸していたが、彼は音信不通になり、交際が途絶えてしまった。女性はようやく結婚詐欺かもしれないと感じたため、事実確認をする。

依頼主の年齢:34歳
依頼主の性別:女性
総調査期間:3か月間
料金:42万円

相談内容

つきあって1年の彼氏がいて、信頼できる男性と信じて遠距離恋愛を続けていた女性。しかし、ある時から男性は父親が病気になったことから、入院にお金が必要になったと言い、女性からお金を借り始めたようです。

男性は父親の病気がなおったら結婚を考えている旨の話をしていたため、女性は「自分の義父」になる人の病気を治したいという思いからお金を貸していました。その額は数百万円。

しかし、数か月たっても男性はお金を返す気配がないことから、女性が問い詰めると、男性は怒りはじめ、そのことをきっかけに次第に連絡をとらなくなってしまったようです。

ただし、1か月に1回くらいはメールなどをするため、そこでもお金の話をして、返金するよう促したのですが、やはりそのことについては連絡なし。女性は仕事が忙しく、遠距離の彼のところへは行けないため、結婚調査を依頼してきました。

調査内容

女性が貸したという金額を証明するためのメールのやりとりや、付けていたメモなどを確認しました。これは刑事事件に発展するおそれがあるため、弁護士とも相談し、調査に同行してもらました。

まず、男性の居場所を確認するため、現地の調査員に稼働してもらい、男性が生存している事実を確認。後日、女性から数回のメールを連続して送り、会いに来るよう促しました。

すると、男性はしぶしぶ現れて、女性と調査員、弁護士の前で話しをすることになりました。結果として、女性とは結婚する意思がなくお金を借りていたことが判明。

しかし、3人の前できちんと借りた金額を確認して、返金することを約束しました。結婚する意思はなくとも、返金しようかとは思っていたとの回答、さらに、借りた金額を全額返金することで話しがまとまったため、詐欺罪は適用しませんでした。

書面にその意思を書き、事態が収拾したという事例です。

調査を終えての感想

女性はかなりショックを受けて泣いていましたが、溜め込んでいた思いをぶつけ、怒りをあらわにしました。

こういった男女のトラブルはあとを絶ちませんが、一度信じてしまった女性は、返金を求めて相手に強くでられると、それ以上は言い返せなかったようです。

傍からみれば明らかに結婚詐欺を想像させる事例ですが、恋愛で信じてしまっている段階では、その感覚がマヒしてしまうようです。

彼は借りたお金のうち、数十万円を使っていましたが、残りを全額返金し、あとは働いて返していくという意思を示しました。

※体験談は探偵事務所の調査員が実際の調査に基づき作成したファクションです。
※実際の調査内容とは異なる部分があります。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。