犬の散歩で出会った理想の不倫相手

不倫の体験談

セックスレス

私の夫が、高血圧症になってからというものセックスレスの状態が2年以上続いていました。夫は、55歳の会社員。私は10歳年下の44歳専業主婦です。最初のうちは、夫もまだ元気だったので、無理をして私の体を求めてきましたが、営みの最中に血圧が高くなると「ごめん..」と言って中断することが多くなっていました。そして、回数が徐々に減っていったのです。逆に私は、糖質と塩分を控えた食事に付き合っているうちに、ふっくらと中年太りしていたボディラインがスッキリと若々しくなっていました。もう、おばさんになってしまったと思っていた私でしたが、セックスレスが続くうちに一人で自慰行為に耽ることが多くなってしまったんです。

犬の散歩

私は、夫との間に子供はできませんでした。その代り、飼っている柴犬を夫と二人で子供のように可愛がっていました。午前中と午後の2回、私は犬を連れて近所の公園へ散歩に行くのが日課です。ある時、まだ帰りたくないと駄々をこねる飼い犬に「お家に帰る時間よ」と、なだめていると犬がリードを振り切って遠くに走り出してしまったんです。

「やだ..まちなさい!」と、走って追いかけると余計に嬉しそうに走っていく飼い犬は、公園の植え込みの中に入って見えなくなりました。どこにいったのかしら、と探していると「お宅のワンちゃんですか?」」と、50代前半くらいの背の高い男性が飼い犬を抱っこして捕まえてくれました。「すみません..」これが、私と彼の出会いと不倫の始まりでした。

毎日会うように

それ以来、同じ時間に公園に行くと彼と挨拶をするようになりました。ある時、彼と1週間公園で会わなくなって「どうしたのかしら..」と、思っていた時に公園の駐車場で彼がトイプードルを連れて車から降りて来る姿を見つけました。思わず、「久しぶりですね」と、自分から声を掛けてしまい自分でも驚きました。

「ちょっと仕事が忙しかったので..」と、笑顔で答えてくれる彼とそこで初めて、お互いのことを自己紹介しました。バツイチで独身の彼は、自宅で文筆業の仕事をしていて、子供は結婚して遠くに住んでいるのだとか。2日前にトイプードルを飼い始めたけど、トイレの躾が難しいと言う彼に「私、トイレの躾は得意ですよ」と、言ってしまいました。

彼の家へ

「じゃあ、散歩の後で良かったら来てもらすか?」という彼に「大丈夫ですよ」と返事をした時は、まさか彼と関係を持つとは思ってもみませんでした。彼の家で、トイレの躾について一通りレクチャーした後、お茶をご馳走になった時、「実は、前から気になっていました」と彼に告白されびっくり。「私、結婚してるんですけど..」と言っても「分かってます」と言って手を握ってくる彼のごつごつとした男性的な手にドキドキしてしまいました。

彼とお散歩の後は

2年以上セックスレスだった私は、彼の強引な欲求を断ち切れないどころか、何度も求めてしまうようになりました。夫が仕事に出ると、家の掃除や洗濯を大急ぎでこなします。前は、ファンデーションのみのスッピンメイクでしたが、最近はアイメイクや口紅も塗るようになり近所の人から「あら、お出かけ?」と言われることも。彼と待ち合わせをして、一緒に犬の散歩をした後は彼の車に乗って彼の家へ直行です。以前は、月に2回あるかないかの夫婦の営みが普通でしたが、今は月曜から金曜まで週に5回もしているのに、彼と会えない土日が退屈で仕方ありません。夫は、仕事から帰ってくると食事をしてお風呂に入り、すぐに寝てしまい、週末は自宅でのんびり映画を見て過ごす毎日で、私が不倫をしていることには気付いていません。しばらくは、彼との不倫関係を終わらせることはできなさそうです。

関連記事

探偵の総合評価ランキング

ランキング1位の探偵事務所

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。