産前産後に浮気をする男性心理とその対策

夫の浮気で女性が一番理解しがたいケースが、産前産後の浮気です。愛する人の子どもを身ごもっている時に、他の女性と浮気をするなんて考えがたいことですよね。しかしながら、妻の妊娠中や子どもが生まれた後に浮気をするパターンは少なくありません。「なぜ産前産後に浮気をするのか?」その男性心理と対策方法についてご紹介いたします。

セックスレスで欲求不満になる

セックスレスのカップル

産前産後にセックスレスになる夫婦は多いと言われています。妊娠中もセックスができないわけではありませんが、つわりが酷い、体型の変化、胎児への影響、などによって奥さんがセックスを拒むケースは少なくありません。

しかし、妻は妊娠して身体の変化を感じているのに対して、旦那さんの性欲はかわりありません。すると、性欲を満たしたいがために奥さん以外の女性に肉体関係を求めることがあるのです。

これは男性の性欲の問題なので、女性がどうにかできる問題ではないのですが、オーラルセックスや擬似セックスなどで男性の性欲を満たしてあげる手段を考えてあげることで、防ぐことは可能です。

それで十分に性欲を満たしてくれるかはわかりませんが、少なくとも浮気をしようという気分にはならなくなるはずです。

情緒不安定な妻から逃げるため

夫を殴る妻
妊娠中は、ホルモンバランスの関係で情緒不安定になります。些細なことで悲しくなって涙が出たり、イライラしてヒステリーになることも多々あります。

旦那さんは唯一毎日顔を合わせている人ですから、いちばん感情を当てやすくもなります。男性からしてみれば、仕事で疲れて帰ってきて追い打ちをかけるように妻にヒステリーを起こされたら、精神的疲労も大きくなります。

こんな日常生活を繰り返すうちに男性は現実逃避のために他の女性に走ってしまうのです。浮気相手は、つわりもないですし、泣きもしないし、気持ちは身軽です。

身体のことなので情緒不安定になってしまうのはどうしょうもないですが、医師と相談したり、ストレスを発散する手段を他に持っておくことで情緒不安定を和らげることはできます。

自分への愛情が少なくなったと感じてしまう

喧嘩する夫婦
赤ちゃんができると、赤ちゃんのために準備をしたり病院へ行ったりと、旦那さんに構ってあげる時間が減ってしまいます。それとともに旦那さんに対する愛情が少しずつ赤ちゃんに移ってしまうことがよくあります。

それは当たり前のことではあるのですが、旦那さんからするとそれまで自分のために注がれていた愛情が少なくなってしまうと、寂しさを感じてしまうものなのです。

二人で過ごす時間が少なくなるにつれ、男性は寂しさを埋めるように他の女性に癒しを求めてしまいます。

特に自分に対して好意を持っている女性が他にいると、その女性の愛情が心地よくなってしまい、浮気に走るようになっていくのです。

まとめ

妊娠中、女性は情緒不安定になりがちですが、そんな時こそコミュニケーションを取ることを怠ってはいけません。「夫の浮気・不倫をふせぐ4つのテクニック」でも書いていますが、お互いの気持ちを尊重して「何が不安なのか?」「何を今感じているのか?」を話し合うことが最重要です。

女性はいつも以上に気持ちがナイーブになっているので、それを全部旦那さんにぶつけないためにも日頃からストレスを発散させる方法を見つけておくのも対策です。

友だちとランチをしたりカラオケへ行ったり、何か気分転換できることを探してください。日頃から子どもの将来のことを話すなど、なるべく会話を増やしてコミュニケーションを取ることを心がけていけば、夫が他の女性に目を向けることもなくなるはずです。

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。