浮気されやすい男の特徴5つ

男性の中にはいつも「浮気をされやすいタイプ」の人がいます。自分では気づいていないけど、付き合う女性みんなに浮気されてしまうような男。女性から見ると浮気したくなるような男です。具体的な特徴を見ていきましょう。

浮気されやすい男

1.彼女の話に無反応な男

無反応な男
彼女が一生懸命話しかけているのに、いつも無反応な態度をとってはいませんか?

女性はもともとおしゃべり好きな生き物です。「今日○○を食べたの!」「○○ちゃんと会ってきたよ」と、旦那にとってはどうでも良い話でも、彼女は何かしらの反応を期待して話しかけているのです。

これが日常茶飯事になって話を聞いてくれなくなると、彼女は「この人と一緒にいても面白くない」と愛想を尽かしはじめます。

そんな冷めきった中で、どんな話でも熱心に聞いてくれる男性に出会ってしまったら、恋心が芽生えてしまう可能性も否めないですよね。

2.彼女のご機嫌を取るだけの男

ご機嫌をとる男
彼女が何を聞いても「君が好きなものでもいいよ」と答え、彼女が何かを言えば「ハイハイ」と答える、彼女が何か怒っている様子ならとりあえず「ゴメンね」と謝る。

もし優しさゆえにこのような態度をとっているなら、彼女には逆効果です!男性の心理としては、「彼女に嫌われてたくない」「彼女にいつも機嫌良くいて欲しい」と思ってこその対応でしょうが、彼女からしたら、テキトーに答えているだけに映ります。

「何食べたい?」と聞いた時に「君が決めていいよ」と答えるよりも、「○○が食べたいなぁ」と言ってもらった方が女性は嬉しいものです。

あまりに彼女の意見に同意ばかりしていると、逆に女性は寂しく思うものなのです。その寂しさが浮気へと誘うこともあります。

3.愛情表現をしない男

愛情表現をしない男

男性が愛情表現をしてあげていれば浮気には走らないはずですが、交際期間が長くなってくるとそれをしなくなる男性は多いものです。

「言わなくてもわかるだろ」という男性心理に対して、女性は「愛してるって言いてくれないってことはもう好きじゃなくなったんだ。。。」と考えます。女性はいつでも「愛している」と言葉で伝えて欲しいものなのです。

愛情表現がない状態が長く続くと、次第に女性は寂しさを感じます。そして、積極的に愛情表現をする男性に出会うと、そちらの男性の方が自分にとって居心地のいい相手だと感じて、浮気へと進んで行くことになります。

4.優しすぎる男

優しい男
女性は自分に優しい男にめっぽう弱いですが、優しすぎる男はちょっとしたことでもすぐに許してくれてしまうので、女性からすると簡単に浮気できる男になってしまいます。

優しいので彼女が他の男と遊んだりしても文句は言わないですし、明確な浮気であることが発覚しても「自分がかまってあげられなかったからだね。ごめんね。」と逆に謝ってしまう人すらいます。

優しいことは良い事ですが、優しすぎると浮気を助長するだけなので、浮気は浮気できちんと怒る事も必要です。

5.セックスの回数が少ない男

img_0414
女性は男が思っている以上にセックスが好きです。既婚女性の浮気の原因の大半が欲求不満によるものだとも言われます。

結婚すると結婚前に比べてセックスの回数が減るカップルは多いですが、それが極端に減るようだと、女性は欲求不満になります。男性のように風俗で性処理をすることができませんから、性的欲求は溜まる一方です。

すると、性的欲求を満たすために浮気します。必ずしも気持ちが移ってしまうことは少ないですが、セックス目的で浮気をしている女性は意外に多いのです。

まとめ

いかがでしたか?

もしひとつでも当てはまっているものがある方は、大切なパートナーを失わないよう今いちど自分を変える努力をした方が良いかもしれません。恋は「ギブ・アンド・テイク」ですから、女性に愛情を注がれたら、同じくらいの愛情を態度で示してあげると女性は嬉しいものですよ!

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。