彼女・妻に浮気をされないために『今すぐやるべき4つのこと』

男性の浮気はカラダを求めて浮気をすることが多いですが、女性は心を求めて浮気をすると言われています。つまり浮気をする女性は、パートナーからの愛情が薄いと感じた時に他の男性に目がいってしまうのです。大切な彼女が他の男性に走ってしまわないためにも、ぜひこちらを一読して彼女の浮気対策にお役立てくださいね。

夫婦の日常

1.マメに連絡する

連絡する男

仕事が忙しい、帰宅時間が遅い、など忙しいのはわかりますが、どんな状況に置いても彼女を放置するのはよくありません。特に女性は“かまって欲しい”タイプの人が多いですから、あまりに連絡をしなさすぎると「自分には興味がない」と思い、他の男性へ目を向けてしまう可能性があります。

忙しくてもたった5分でも時間を作って「声が聞きたかったよ」と言ってあげるだけで、女性は安心感を覚えるのです。

できることなら、直接会ったり電話してあげる方が女性は喜びますが、それが面倒だと思うのであれば、LINEやメールを使って少しでも連絡を取り続けてあげるだけでも十分です。

2.言葉にして伝える

カップル

浮気されやすい男の特徴5つ」でも書いていますが、「好き」「愛してる」という気持ちを、「言わなくてもわかるでしょ」と考える男性に対して、女性は「言葉にしてくれないとわからない」と考えます。

特に日本人男性は、シャイな男性が多く愛情表現が苦手な人が多いです。それに比べ外国人男性は、結婚生活が長くても「アイラブユー」と伝えますし、ハグもします。

さすがに毎日「愛してる」は言えない…という方も、今まで「言わなくてもわかるでしょ」と思っていた気持ちを少しずつ言葉にして表現してみてはいかがでしょうか?

彼女が自分に対してしてくれたことに「ありがとう」と言ってみる、彼女が新しい洋服を着ていたら「それ可愛いね」と声をかけてあげる、このような日頃の小さな愛情表現によって、女性の気持ちを満たしてあげられるのです。

女性はそういう男性を裏切るようなことはしません。浮気防止には最も効果があると言っても言い過ぎではないでしょう。

3.誕生日・記念日を大切にする

記念日

女性は男性よりもイベント好きです。誕生日や付き合い始めた日、クリスマス、バレンタインなど、パートナーと一緒にお祝いするのを楽しみにしています。

付き合い始めは男性も頑張って誕生日やクリスマスをお祝いしていたかもしれませんが、付き合いが長くなるとついついこれらの記念日を忘れがちです。ましてや自分の誕生日を忘れられてしまったら女性にとっては一大事です。

彼がダメなら一緒にお祝いしてくれる男性と一緒に居たい…と他の男性に走ってしまうきっかけにもなり得ます。

それくらい誕生日・記念日は大切にしてあげるべきなのです。

4.性的欲求を満たしてあげる

セックスのイメージ

性的欲求を求めて浮気するのは男だけだと思っていませんか?女性だって性的欲求をはあるので、それが満たされていないと感じたら浮気に走ることもあります。

男としては付き合う期間が長くなるにつれて、彼女・妻とセックスする回数が少なくなっていくことは多いはずです。しかし、それでも全くのセックスレスになってしまうようだと、彼女・妻はセックスがしたいのにしてくれないという状態に陥ります。

セックスレスではなくても彼・夫のセックスでは物足りないと感じている場合でも、他の男にセックスを求めるようになります。男たるもの、常に女性の性的欲求を満たしてあげられるようにテクを磨くべきなのです。

まとめ

女性の浮気は男性と違って、気持ちが入ってしまう場合が多いです。

男性のようにカラダだけの関係ならキッパリと別れられるのですが、愛情が芽生えてしまうとやっかいです。もし、彼や旦那さんと一緒にいて心が満たされていたなら浮気には走らないはずです。

浮気を防止するには、「女性を不安にさせないこと」です。そのためには、彼女を愛しているということを態度や言葉で示してあげることが大切ですよ!

探偵の総合評価ランキング

おすすめコンテンツ

浮気調査のポイント・注意点
探偵に浮気調査を依頼するときには、事前の準備が大事です。どうすれば浮気調査を成功させることができるのか、そのポイントと注意点について紹介しています。
探偵・興信所の選び方
探偵・興信所はどこも一緒ではありません。玉石混交の業界なので、良質な会社も悪質な会社もあります。安心して依頼できる探偵・興信所を選ぶときのコツをご紹介します。
浮気調査の体験談・事例集
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の具体的な事例についてご紹介します。料金の相場や調査期間、成否を分けたポイントについて解説します。
浮気調査の失敗事例
元探偵事務所の調査員が、浮気調査の失敗事例についてご紹介します。失敗経験からどうして失敗したのか、成功させるためには何が必要なのかが分かります。